100均で買えるおにぎらずケース「おにぎらず作ってランチボックス」が便利♪型取り・つめるがこれひとつ!

お弁当で大活躍のおにぎらず。なかなか見た目良く作れないのが悩みでしたが、100均で見つけた「おにぎらず作ってランチボックス」でお悩み解消!中身をグイグイつめれば型が取れ、海苔にポンとあけて包んだら、切ってボックスに戻すだけです。これまで海苔の上で四苦八苦していたのがウソのように時短&キレイ!そのまま持っていけますよ♪

「おにぎらず作ってランチボックス」で、パパッとおにぎらず!

「おにぎらず」は、広げた海苔の上にご飯と具材をのせ、その海苔で包んでからカットしたもの。おにぎりより具材をたっぷり入れられたり、断面が華やかだったり、手を汚さずに作れるので人気ですね。ただ、作ってはみるものの、「キレイに四角く包む」のと、「入れ物にちょうど良く入れる」のが、なかなか難しいのが悩みでした。

この「おにぎらず作ってランチボックス」を100均で見つけて、「何と便利な!」と思わず感嘆。型にもなり、そのまま入れ物にもなり、ピッタリサイズのおにぎらずが、パパッと作れてしまうのです。私はキャンドゥで購入しましたが、セリアやダイソーでも取り扱いがあるようです。

ご飯がくっつきにくい、底の凸凹がポイント

内寸は11×11×3cmほど。丁度ご飯1膳分のおにぎらずが作れます。ポイントは底の凸凹模様。海苔の上に中身をひっくり返すとき、ご飯がくっつきにくいのです。左右のつまみも持ちやすくて便利。冷凍保存もOKです。フタはNGですが、本体は電子レンジもOKです。

♪キレイな断面の「おにぎらず」が完成!

それでは実際に作っていきます。

<材料>

ご飯1膳分 約130g
海苔(20cm角) 適量
明太子 適量
スライスチーズ 適量
カニかまぼこ 適量
マヨネーズ 適量
大葉 適量

今回はカンタンに200g入りのパックご飯をチン!海苔も普通にスーパーで売っている19×21cmサイズのまま使ってみます。具材も有り合わせです。

はじめに、半分のご飯100gをしきつめます。分厚くもなく、穴も開かず、ちょうど良い感じ。明太子を塗り、スライスチーズをON。割いたカニかまぼこを広げます。

その上に、マヨネーズを細くジグザグに掛け、大葉をのせて、残りのご飯で全体を覆います。それにしても、容器いっぱいに重ねていくだけなのが、こんなにラクだとは!ふわっとした押し寿司の要領ですね。これまで破れそうな海苔の上で、ご飯や具材の量を心配しながらグラグラ重ねていたのは何だったのか……。

さて、いよいよひっくり返し。型崩れしないよう、ラップも使いました。まな板にラップをしき、海苔をのせ、中央にパカッ!……とてもキレイな四角です。

ここで注意が必要なのは、中の具材の向き!ソーセージを丸い断面にしたいときなど、どの方向にカットするといいかをよく確認しておきます。

海苔の四隅をたたむと、この量ですき間なくピッタリ。さらにラップで包み、海苔とご飯がなじんだら、三等分にカットします。容器に並べると、ジャストの高さ!ご飯や具材の量により幅は変わりますが、ちょっとした付け合わせも入れられました。

おにぎらずのおすすめ具材は?楽しいアレンジ2種を紹介

おにぎらず作りに味を占めた私。最近は具材のアレンジにハマり中。私が試した中で、特におすすめな2つのアレンジを紹介します!

おにぎらずのおすすめアレンジ①オムライス風おにぎらず

子どもが大好きなオムライスをおにぎらずに♪海苔とオムライスの組み合わせが絶妙です。見た目も色鮮やかで、お弁当に彩りを添えてくれますよ。

<材料>

チキンライス 1膳分
海苔 適量
サラダ菜 2枚
薄焼き卵 2枚
スライスチーズ 1枚

<重ねる順番>

チキンライス→サラダ菜→薄焼き卵→スライスチーズ→サラダ菜→薄焼き卵→チキンライス

おにぎらずのおすすめアレンジ②キンパ風おにぎらず

キンパとは、韓国の海苔巻きのこと。ごま油の風味がきいていて、食欲をそそります。食べ応えがあり、自然に野菜がたくさん摂れるので、たっぷり食べたいパパや野菜嫌いの子どものお弁当にもぴったり!

<材料>

ご飯 1膳分
韓国海苔 適量
薄焼き卵 1枚
ホウレン草 20g
にんじん 20g
牛肉 30g
焼肉のたれ 適量
キムチ お好みで

<下準備>

● ご飯には塩小さじ1/8とごま油小さじ1(どちらも分量外)を混ぜておく
● ほうれん草は茹でて2cm程度に切る
● にんじんは千切りにしてごま油で炒めておく
● 牛肉は食べやすい大きさに切り、ごま油で炒めて、焼き肉のたれで濃いめに味付けをしておく

<重ねる順番>
ご飯→にんじん→牛肉→(キムチ)→ほうれん草→薄焼き卵→ご飯

おにぎらずケースを活用してお弁当作りを楽しく時短♪

「おにぎらず作ってランチボックス」は、その名のとおり、おにぎらずケースとしても使えるのが本当に便利!パパッと作って、きれいに詰められるので、お弁当作りの時間短縮になります!様々な具でアレンジするのも楽しいので、ぜひ自分好みの組み合わせを探してみてくださいね。