イクラがあっという間に作れる!
簡単な筋子のほぐし方

秋鮭の収獲期には生の筋子も出回ります。イクラに加工されたものよりは割安ですが、1粒1粒ほぐすのは大変と思っている方もいるのではないでしょうか?そこで、びっくりするほど簡単な筋子のほぐし方をご紹介します。

用意するのは、ザル、ボウル、菜箸、そして熱湯!

筋子(卵巣膜に包まれたイクラ)は1匹の鮭に2つ入っていて、それを一腹(ひとはら)と呼びます。スーパーでは片腹ずつパックになっていることが多いですが、お好みの量で作ってくださいね。私は今回、自分でメス鮭1匹をさばいたので、一腹分をまとめて作ります。

用意するのは、ザル、ボウル、菜箸、そして熱湯です。生で漬けるはずのイクラに熱湯を掛けるなんてと最初はものすごく驚いて、おっかなびっくりでしたが、これで何度も作っているので今ではそんな不安もなくなりました。ぬるま湯ではなく、沸騰した熱湯で思い切りいっちゃってください!

筋子のほぐし方は?

まず、熱湯は卵巣膜にめがけて注ぎます。熱湯を掛ける最大の目的は、イクラを包む卵巣膜を縮ませることなので、まんべんなく熱が行き渡るように注ぎましょう。

ひたひたになるくらい熱湯を入れたら、今度はやかんを菜箸に持ち変えて、ほぐす作業に取り掛かります。最初は回しにくいかもしれませんが、筋子を菜箸で挟んでボウルの中をぐるぐる回します。

遠心力も利用した(?)高速回転!次第に粒がほぐれて、回すのも楽になりますよ。

そして卵巣膜だけをきれいに取り除くことができました!ここまでわずか1~2分です。熱湯なので気が急くかもしれませんが、のんびりやっても意外と大丈夫です。

しょうゆ漬けレシピをご紹介

その後、流水でイクラの粒を冷やしながら細かいゴミを除きます。筋子漬けなら一緒に食べているものなので、絶対に取り除かなければならないものではないのですが、筋に絡まってばらけていない粒もあるので、ここからは手を使って少し時間を掛けて丁寧にやっても良いでしょう。

そしてしっかり水切りすることも大切です。ザルにあけてしばらく置くと、色が落ち着きイクラの粒もねっとりしてきて、調味液の吸収が良くなります。では、我が家で作っているしょうゆ漬けのレシピを書いておきますね。

しょうゆ 大さじ3
大さじ2
めんつゆ(5倍濃縮) 大さじ1
みりん 大さじ1

これで一晩漬けたらできあがりです!他にもいろいろなレシピがあるので検索して好みの味を見付けてください。我が家では瓶に小分けして、すぐに食べない分は冷凍庫で保存しています。

以前はザルを使ったり、手でほぐしたり……ずいぶん時間を掛けた夜なべ作業をしていましたが、時間を掛ければ良いというものではなく、イクラを潰してしまうことも多かったです。簡単に、手際よく、イクラもあまり無駄にしないこの方法に行き着いてからは、熱湯一筋!かなり時短になるので、この秋はぜひチャレンジしてみてください。