バナナを凍らせるだけの超簡単シェイク!

夏になるとバナナジュースをよく作ります。子どもにも好みがあって、兄はさらっとしたバナナジュース、弟はとろりとしたシェイク状のものが大好き。我が家流の簡単フルーツシェイクの作り方をご紹介しましょう。

バナナは皮をむいて冷凍しておく

5~6本のバナナが房になった小ぶりのものが、1人分のバナナジュースを作るのにちょうどいいので、スーパーでもそういったものを選びます。我が家では、だいたい房で100円くらいの安いものを購入。とにかく安くなったときに購入して、皮をむいて冷凍しておきます。

バナナは傷むのが早いので、バナナシェイク用にするなら冷凍がお勧め。牛乳さえあれば、いつでも手軽に作ることができます。

牛乳と冷凍バナナだけでとろっとシェイク

牛乳と冷凍バナナだけで作るシェイクは甘さ控えめで、食欲がない夏の朝ごはんでもゴクゴク飲めます。

<基本の作り方>
1.冷凍したバナナを適当な大きさにカットしてミキサーに投入
※我が家のミキサーは粉砕能力が低いのでカットしますが、冷凍フルーツを粉砕できるミキサーなら、この作業は不要です
2.コップ一杯の牛乳を入れて、ミキサーのスイッチをオン
3.よく混ざったら完成

バナナの大きさによりますが、凍らせたバナナを入れるとドロッとした仕上がりになり、まるでシェイクのようになります。はちみつを入れて甘味を調整してもOK。みかんの缶詰やアイスクリームをプラスすると、ミックスジュースのようになります。私は、青汁の粉末を入れてヘルシーバナナジュースを作ることも。バナナジュースはそれだけで味が完成しているので、何かプラスしても間違いなくおいしいところが気に入っています。

市販の冷凍フルーツでアレンジシェイク

バナナ以外にも、市販の冷凍フルーツを使えば、手軽にシェイク作りを楽しめます。手に入りやすいのは、カットマンゴーやブルーベリー。そのまま食べたり、ヨーグルトに混ぜて食べたりすることもありますが、牛乳やヨーグルトと一緒にミキサーにかけて、シェイクにするのもお勧めです。

<ブルーベリーシェイクの作り方>
1.冷凍ブルーベリー100g程度をミキサーに投入
2.コップ一杯(200ccくらい)の牛乳を入れて、ミキサーのスイッチをオン
3.よく混ざったら完成

冷凍ブルーベリーだけでは甘みが足りない人は、グラニュー糖やはちみつ、メイプルシロップを少し加えてください。私は、ブルーベリーの皮が残った感じが嫌いなので、よく混ざるまでミキサーで攪拌するのが好みです。

<まとめ>
牛乳で作るほうが圧倒的においしいと思いますが、カロリーが気になる場合は豆乳で作ってもいいと思います。いちごやパインなどを凍らせて、お手軽シェイクをいろいろ試してみてください。