アリモノでできる!簡単スイートポテトはいかが?

さつまいもがたくさん出回る季節ですね。家に常備してある材料を使って、簡単でおいしいスイートポテトを手作りしてみませんか?フードプロセッサーやオーブンなしでもOKなので、お子さんと一緒に挑戦するお菓子作りにもお薦めです♪

生クリームなしでもおいしくできる!計量もラクラク

基本の材料は以下のとおりです。
<スイートポテト(8個分)>
・さつまいも(皮をむいた状態で)200g
・砂糖  20g
・バター 10g
・牛乳  20㏄
・(あれば)卵黄

我が家で常備しているのは三温糖なのでそれを使いますが、上白糖でも同じようにできます。バターがなければマーガリンでも代用可。本格的なレシピだと生クリームを使うものが多いですが、これも牛乳があれば十分です。

計量は、すべてスケールを使わなくても、砂糖は大さじ1.5杯の目安で大丈夫。好みで増減しても見た目は変わらず、失敗なくできあがります。
バターは、包み紙に10g刻みのガイド線がひいてあるのを参考にしましょう。

レンチン&マッシャーで素朴な食感のスイートポテトに

<作り方>
1.さつまいもは皮をむき、適当な大きさに切る。少量の水とともに耐熱容器に入れ、ラップをして電子レンジで加熱し、柔らかくする
2.熱いうちにマッシャーでよくつぶし、溶かしたバターと砂糖を加えてまんべんなく混ぜる
3.生地の様子をみながら少しずつ牛乳を加え、木しゃもじ(またはヘラ)で練るように混ぜる。成型しやすい程度のなめらかさ(=写真右)になったらOK

さつまいもは、銘柄にもよりますが、レンジにかける前に包丁である程度細かく切っておくと柔らかくなりやすく、マッシュする際にもラクにできます。

甘めが好みなら、砂糖の量を調整するほか、バニラエッセンスを加えても。逆にさっぱりした甘さが欲しい方は、レモン果汁を少し加えるのがお薦めです。また、シナモンシュガーを練り込むのもおいしいですよ。

成型してオーブントースターで焼き上げ

生地ができたら、あとは成型して焼くだけ。写真では、プレーン(奥)とシナモンシュガー(手前)を半々にして作ってみました。

表面に卵黄を塗っておくと、焼き上がったとき「照り」が出ておいしそうに見えます。スイートポテトらしい見栄えになるので、できれば塗っておきたいところですが、省略してもそれはそれで素朴な風合いを楽しめます。
その場合、生地をプレーンで作って、シナモンシュガーを振りかけるのも一案ですね。

いろいろアレンジしてもおいしくできます♪

オーブントースターで焼き色が付く程度に焼いて(写真は5分間加熱)できあがりです!
生地の加減やトースターの機種によって誤差がありますので、様子を見ながら調節してくださいね。一部だけ先に焦げ目が付くようなら、その部分にアルミホイルをかぶせると均等に仕上げられます。

写真は中央列がプレーン、右側がシナモン。そして左側は同じレシピで作った、スイートポテトならぬ「スイートパンプキン」です。ほかにも、砂糖をはちみつに替えるなど、ちょっとしたアイデアで応用がききますよ。

ティータイムのお供だけでなく、お持たせや持ち寄りに、そしてお弁当用にも使いやすいスイートポテト。「また作りたくなる」簡単レシピ、どうぞお試しください♪