弁当箱の隙間を埋める、
缶詰を使ったちょい足しおかず

弁当箱におかずを詰めたら、予想外に隙間ができて困ったという経験はありませんか?おかずとごはんが分かれている弁当箱では、ごはんの量を増やして……という手も使えません。そんなときのお助けメニュー、缶詰を使った簡単おかずをご紹介します。

さんまのかば焼きは、卵焼きや野菜炒めに

甘辛い味付けで、大人から子供まで人気のさんまのかば焼き。そのままでもおかずになりますが、しっかり付いた味をいかして、他の食材と合わせても。

隙間を埋めるだけでなく、ボリュームも追加したいときにお勧めなのが、さんまのかば焼き入りの卵焼き。いつもの卵焼きを作る途中に、さんまをのせて巻くだけですが、のりも一緒に巻いたり、山椒をふりかけたりしてもおいしいですよ。

野菜を追加したいけれど、野菜炒めだけではちょっと……というときも、さんまのかば焼きが便利。火の通りやすいピーマンやきのこ、生でも食べられるセロリや長芋と一緒に炒めれば、あっという間におかずができてしまいます。

焼き鳥缶は、おつまみだけでなくおかずの素材としても優秀!

お酒のおつまみとして食べる方も多い、焼き鳥の缶詰。さんまのかば焼きと同じく、そのまま食べてもおいしいですが、おかずの素材としても使い易く、なかなか便利な缶詰です。

冷蔵庫の半端野菜と一緒に炒めれば、ボリュームがあって、野菜もとれる一品に。オイスターソースを少し足して、こってり感を追加したり、カレーパウダーなどで味にアクセントをつけたりといったアレンジも自在です。焼き鳥のタレが焦げやすいので、焦げそうだなというときは、少し早めに火を止めて、フライパンに蓋をして、予熱で火を通すといいですよ。

あえて「肉だけ」というときは、アルミカップなど、オーブントースターや魚焼きグリルOKの容器に焼き鳥を入れ、マヨネーズやチーズ、マスタードなどお好みのものをかけて焼きます。焼き鳥とは一味違った鶏肉のおかずのでき上がり!

さっと使えるホールコーン缶で、しみじみおいしいコーンバター

フライパンなどにバターを溶かし、水気を切ったコーンを混ぜて軽く炒めます。冷凍コーンよりも若干早く仕上がります。もちろん、電子レンジで加熱しても。ドライパックタイプなら、水切りの必要がないのでさらにお手軽です。

バターやコーンの塩気だけでも十分おいしいですが、塩コショーや、しょうゆ+みりんの味付けもいいですね。コーンを炒めるときに、きのこやベーコン、ほうれん草などを追加すると、彩りだけでなく栄養面もアップした一品になります。

蓋を開けたらそのまま食べられる缶詰ですが、ほんの少しの手間を加えるだけで、いろいろなおかずに変身します。困ったときのお助け食材としてはもちろん、普段のメニューにも取り入れてみてください。