パスタだけじゃもったいない!
市販のミートソースを使ったアレンジレシピ

各社から発売されているパスタ用のミートソース。お手頃価格で味も優秀なので、
これを使わない手はありません。レトルトのミートソースを使えば、ラザニアや煮込みハンバーグなど、手間ひまかけたように見える料理を手軽に作ることができます。

優秀なレトルトのミートソース

ミートソースを手作りするとなると、合いびき肉や玉ねぎ、にんじんを用意し、野菜を細かく切り揃え、油で炒めたあとトマト缶やケチャップ、ウスターソースなどの調味料で煮込むという手順が必要になります。

これが相当面倒なメニューであることは間違いありません。お肉がたっぷり入ったミートソースを作るなら手作りするほうがいいのですが、時短を考えるならレトルトで十分!レトルトなら1袋100円前後で手に入るものも多く、マッシュルームが入っているもの、赤ワインで煮込んだものなどさまざま。肉はかなり少なめですが、市販のミートソースを使ってパスタにかける以外の料理を作ってみましょう。

ラザニアがこんなに簡単!

以前、手作りミートソースでラザニアを作ったこともあるのですが、肉が多すぎたようで、「いつものほうがおいしい」と子どもに言われてしまいました。レトルトを使ったほうがおいしいなんて、かなり残念な感想ですが、ここはミートソースの実力を素直に認めるしかないなと思っています。

ラザニアの材料は、
・ラザニア生地6~8枚
・レトルトのミートソース
・レトルトのホワイトソース
・シュレッドチーズ
これだけです。

もちろんホワイトソースは手作りしてもいいと思いますが、時短するならこれもレトルトを使ってしまいましょう。ラザニアを指示通りに茹でて、あとは耐熱皿に「ホワイトソース→ミートソース→生地」の順に重ねていきます。最後にシュレッドチーズをたっぷり乗せて、チーズが溶けて焼き色がつくまでオーブントースターで焼くだけです。

ごちそう感満載のラザニアがこんなに簡単に作れるなんて……と初めて作ったときは感動ものでした。ラザニア生地がない場合は、ペンネやフリッジなどを使って同じようにミートソースやホワイトソースを重ねてもおいしく焼き上がりますよ。

何時間も煮込んだようなコク!煮込みハンバーグ

ハンバーグを焼いて、デミグラスソースをかけたり、ポン酢をかけた大根おろしと一緒に食べたりするのはおいしいのですが、寒い季節は煮込みハンバーグがおススメ!

ハンバーグを焼いたフライパンにそのままミートソースを流し込み、しめじやレンジでチンしたにんじんなどを一緒に煮込みます。ハンバーグの肉汁や野菜のエキスがミートソースと相まって、レトルトとは思えないほどのコクにちょっと驚くと思います。1袋じゃソースの量が足りないなと思ったら、ウスターソースやケチャップ、バターなどを加えて味を調節してみましょう。

ほかにもふわふわたまごのオムライスにかけたり、ごはんに混ぜてライスコロッケにしたり、アイデア次第でかなりさまざまな料理に使えます。パスタにかけるだけじゃなく、いろいろ試してみてくださいね。