ランチジャーのお弁当!
丼ものでラクチン弁当づくり

食べ盛りの子どものお弁当を毎日作るのは大変ですよね?以前は私も高校生男子の大きなお弁当箱を何とかして埋めようと、おかずづくりに苦労していました。ランチジャーに変えてから、お弁当の内容も大きく様変わり!おかげで、かなり手抜きできるようになり、お弁当作りの時短になりましたのでご紹介します。

ランチジャーとは?

保温機能に優れているお弁当箱です。かなり大容量なので外で仕事をする男性には以前から人気のアイテムのようです。うちの息子も大きな弁当箱を持っていくのですが、冬場の冷たいごはんは何とも味気ないようで、温かいおかずが食べられるランチジャーを購入することにしました。

ランチジャーの実力

購入したのはタイガーの製品。ほかにも象印やサーモスなど、同様の製品がたくさん発売されています。我が家の場合、とにかくたくさん入るものを探していたので、お茶碗4杯分のごはんが入るものにしました。

スープや味噌汁を入れる容器、おかずを入れる容器、ごはんを入れる容器の3つに分かれており、円柱形の保温容器に全てを収納するタイプ。まほうびん構造なので、すべてを温かいまま長時間キープできるのです。

私がお弁当を作ってから約5時間後に食べる息子は、ごはんはホカホカ、味噌汁もアツアツと、思っていた以上の高性能ぶりに喜んでいます。

一品おかずで丼もの系ランチ

真冬でも温かいおかずが食べられるので、もう他のお弁当箱は使えません!息子の要望で丼ぶり系のおかずを作ることが多いのですが、親子丼も牛丼も温かいまま食べられるので、どんなに手の込んだ冷たくなったおかずより、おいしいと評判です!

昼ごはんを食べる時間が短いそうで、丼ぶり系を希望していた息子。温かい丼ぶりはおいしいらしく、いろいろおかずが入っている今までのお弁当は今後も作らなくていいそうです。作る側としても、汁ものとあとは一品作ればいいだけなので、とても気楽。お互いに納得して丼ぶり系弁当を継続中です。

ランチジャーは汁漏れしないのが嬉しい

加えて息子が気に入っている理由は、円柱形の保温容器にすべて収納するので、おかずの汁漏れがないこと。蓋をしっかり閉めてしまえば、麻婆豆腐もカレーも汁ものも漏れる心配がないのです。大きなリュックに弁当箱も教科書も体操服も全部一緒に入れる学生にとって、汁漏れは一大事。走っても、リュックを投げてもランチジャーなら汁漏れすることはありません。

ちなみにこの記事のランチジャー写真は上から
・豚塩丼
・タンドリーチキン
・チーズダッカルビ
・麻婆豆腐
です。

汁ものは、味噌汁を作ることが多いですが、シチューやおでんを入れることもあります。もれる心配がないので、前日の残りものを迷うことなく入れられる点でも助かっています。

お弁当づくりの強い味方、ランチジャー。寒い季節は「温かい」というだけで、大抵のおかずもおいしく感じるようですよ。特に中高生男子にはオススメです!

<参考資料>
タイガー ステンレスランチジャー LWU-A172/202