作り置きもできる和風チキンミートローフと松風焼き/親子でおいしい♪簡単レシピ #22

時短効果:マイナス40分!
〇通常調理1時間⇒時短レシピで20分!

12月はクリスマスシーズンですね。ホームパーティの機会も多いかと思いますが、簡単にできて特別間のあるチキンミートローフをご紹介します。リース風に盛り付ければ、クリスマスの雰囲気が盛り上がりますよ。冷凍にて作り置きもできるので、事前に作っておくこともできます。

また、ごまをのせるだけで同じ作り方でお正月の松風焼きにもなり、おせち料理としても使えるレシピです。こちらも冷凍保存可能なので、クリスマスの時期に一緒に作ってしまうと楽ですよ。

和風チキンミートローフと松風焼き

【材料】
<エッグミートローフ、松風焼き共通>

鶏ひき肉 200g
玉ねぎ 1/4個
ブロッコリー 2~3房分
コーン(缶詰) 50g

A(調味料)

みそ 大さじ2
砂糖 大さじ1
少々(小さじ1/4)
片栗粉 大さじ1
サラダ油 適量(小さじ1程度)
大さじ2

<エッグミートローフ>

ウズラの卵(茹で) 6~8個

B(タレ)

マヨネーズ 大さじ2
トマトケチャップ 大さじ2

●エッグミートローフ飾り(お好みで)

リーフレタスやサニーレタスなど 適量
ミニトマト 適量

●松風焼き

白ごま 適量

 

<エッグミートローフ>

1.玉ねぎはみじん切りにする。ブロッコリーは粗みじん切りにする。コーンはしっかりと水けをしぼっておく。

2.ビニール袋(Mサイズ)に鶏ひき肉、1の玉ねぎ、ブロッコリー、コーン、Aの調味料を加えて粘りが出るまでよくもみこむ。

3.ビニール袋の中で厚さ1.5㎝程の長方形に型作る。

4.ビニールの真ん中で半分に切り分け、半分を使ってミートローフを作っていく。残り半分は松風焼きに使うのでとっておく。底の部分も切り開き、ビニール袋を開く。


5.真ん中にうずらの卵を並べる。端からビニール袋を持ち上げて巻いていき、エッグミートローフにする。

6.冷めているフライパンに油をペーパーなどで塗り、5のたねをビニールからはがしながらフライパンに入れてから中火にかける。

7.表面に色がつくまで転がしながら焼いたら、水大さじ2程度を加え、蓋をして弱火で5~6分蒸し焼きにする。火を止めてから粗熱が取れるまで蓋をしたまま置いておく。

8.火を止めてから粗熱が取れるまで蓋をしたまま置いておく。

9.ミニトマトやレタスなどとともに皿に盛り付ける。お好みでBを合わせたソースを添える。

<松風焼き>

ミートローフでとっておいた残り半分は焼かずにジッパー付き袋に入れて冷凍すれば1か月保存(解凍してからフライパンで焼く)が可能です。その場で焼いてから冷凍する場合は2週間保存可能です。

10.冷めているフライパンに油をペーパーで塗り、4でとっておいた残り半分をビニールをはがしながらフライパンにのせ、上に白ごまを張り付け、中火にかける。(※冷凍の場合は解凍してから焼く)

11.焦げやすいので弱火で注意しながら片面2~3分焼く。片面が焼けてふちが固まったら、崩さないようにへらで返して反対の面も2分程度焼き。中まで火が通ったら火を止める。

12.切る際は、横半分に切ってから末広がりの扇子の形に切り分ける。

焼いた松風焼きはラップに包んでジッパー付き袋に入れて冷凍すれば2週間は保存可能。食べる際には一度レンジなどでしっかり加熱してくださいね。

クリスマス時期のパーティーメニューがお正月のおせち料理としてもう1品作れる時短レシピを是非試してくださいね。