炊飯器にお肉と調味料を入れるだけ!
万能調理器具「炊飯器」で作るおかず

炊飯器はごはんを炊くための調理器具ですが、実はほかの料理を作ることも可能です。食材と調味料を入れたら、あとは炊飯のスイッチを入れるだけ。あまりにも簡単な調理方法なので、知っておくととても便利です。冷凍のごはんがある日は、炊飯器でおかずを作ってみませんか?

炊飯器は万能調理器具

炊飯器は、炊く・蒸す・焼くがほったらかしでできる便利な調理器具。ごはん以外のおかずも作ってみませんか?私がよく作るのは、米粉のケーキや蒸しパンの類。材料を混ぜて、炊飯器に入れてあとはスイッチを入れるだけで、ケーキや蒸しパンが完成します。温度調整も時間の設定も不要で、ほぼ失敗なし。炊飯器はなかなか優れものの調理器具です。

かたまり豚の炊き込みごはん

豪快な肉料理と炊き込みごはんを一緒に作れるのも炊飯器ならでは。味がしっかり染み込んだ豚肉と肉の旨みがいい仕事をしているキムチごはんです。

<材料>

豚バラ煮込み用 400~500g
グルメのたれ 漬け込み用に適宜
3合
白菜キムチ 150g~200g

※ヨシダの「グルメのたれ」を使いましたが、焼肉のたれなどを使ってもOK。

※豚肉は煮込み用で小ぶりサイズの骨付きが売っていたので、それを使いました。スペアリブなど大きめの肉を使うと、より豪華に仕上がります。

<作り方>
1. 豚肉をグルメソースに30分~1時間漬け込む。

2. フライパンにサラダ油をひいて、焼き色がつくまで豚肉を焼く。

3. お米3合を洗って炊飯器に入れ、水を300cc入れる。

4. お米の上に焼いた豚肉を入れ、さらに白菜キムチを乗せてスイッチをオン。

5. ごはんが炊き上がったら、豚肉を取り出し、ごはんとキムチを混ぜる

6. 皿にごはんを盛り付け、上に豚肉を乗せたら完成

鶏むね肉で作る鶏ハム

炊飯器の保温機能を使うと、低温調理で中身しっとりの鶏ハムを作ることが可能です。鶏ハムは塩と砂糖があればできるので、コンビニのサラダチキンが好きな人はぜひ手作りしてみてください。これこそ、ほったらかしです。

<材料>

鶏むね肉 2枚
ハーブ塩 適宜
砂糖 小さじ1

<作り方>
1. 鶏むね肉は皮をとって、フォークで両面に穴をあける。
2. 砂糖をもみ込み、ハーブ塩をふってもみ込む。
3. ジップロックに、鶏むね肉を入れて、真空状態で閉じる。
4. 炊飯器に鶏むね肉の入ったジップロックを入れて、沸騰したお湯をひたひたになるまで入れて、1時間保温したら完成。

鶏むね肉がすべてお湯に浸かるようにしてください。味付けがシンプルなので、サンドイッチにはさんだり、サラダにして食べたりしても、とてもおいしいですよ。低カロリー高たんぱくなので、ダイエット中などにもおススメです。私は皮をとって調理しますが、皮付きでも、もちろん大丈夫です。

ほかにも豚の角煮やおでんといった煮込み系や、ローストポークやローストビーフなど低温調理系なら、炊飯器に任せてみても問題なさそう。ごはんを炊かなくていい日に、低温でじっくり煮込む肉料理を作ってみてください。