ごまたっぷり 豚こまの甘酢 /スガさんの作り置きレシピ #14

Author : スガ
今日は、豚こま切れ肉を使ったレシピをご紹介します。

豚肉にはビタミンB群、その中でも特にビタミンB1、そしてカリウム、鉄分、亜鉛などがたくさん含まれています。ビタミンB1はいろいろな働きがありますが、糖質をエネルギーにする、という役割が大きいです。

最近なんか疲れやすい、だるい、そんなに食べてないのになんか太る、それ、ビタミンB1が不足しているかもしません。糖質が燃えていません。
ビタミンB1は玄米や豆類に多く含まれますが、「縁遠いな……」という方には、ガツンと豚肉をおすすめします。

<保存期間>
冷蔵5日/冷凍1か月

<レシピについて>
豚肉に片栗粉をまぶして炒め、調味料といりごまを絡めます。ほとんどほったらかしで作ります。

<材料>(4人分)

豚こま切れ肉 400g
片栗粉 大さじ4
いりごま 大さじ4
サラダ油 小さじ1

A

大さじ2
しょうゆ 大さじ2
砂糖 大さじ2
みりん 大さじ1

<作り方>
1.豚肉に片栗粉をまんべんなくまぶしつけます。

A、分量のいりごまを用意しておきます。

2.フライパンを弱めの中火で熱し、

サラダ油をうすくひいて温め、豚こま切れ肉をフライパンに広げ、7~8分ほど放置します。

3.豚肉の端の色が変わり、表面が少し白っぽくなり、裏側がカリッと焼けたら、

ひっくり返し、さらに6~7分ほどそのままにし、豚肉全体をカリッと焼きます。

4.豚肉が焼けたら、強めの中火にし、

合わせ調味料を一気に加え、ざっとかき混ぜて、全体に絡めます。

30秒ほどで煮汁が少なくなりますので、いりごまを加え、ざっとかき混ぜて絡めて火を止めます。

<まとめ>
【作り置きのコツ・ポイント】
・豚肉を焼くときは放置しましょう。いじりすぎると、火の通りが悪く、また、片栗粉もはがれてしまい、カリッと焼けません。
・保存する際は、粗熱が取れてから、よく消毒した保存容器に移し替え、冷蔵庫で保存しましょう。

【アレンジのヒント】
・玉ねぎの薄切りを加えてボリュームアップもOKです。
・お好みで一味唐辛子を加えても。
・マヨネーズも合いますが、だいぶこってりします。コテコテです。
・冷めてもおいしいですので、お弁当のおかずや、のっけ弁、サンドイッチの具材にもどうぞ。