朝の掃除は時間を決めて習慣化しよう!おすすめの方法を紹介

物を片付けて、埃を拭き取って、掃除機をかけて…考えるだけで億劫になってしまう掃除。帰宅後や寝る前は疲れ切ってしまって掃除まで手がまわらず、いつも週末にまとめて掃除、という方が多いのではないでしょうか。バタバタしがちな朝ですが、ほんのちょっとの工夫をして、毎日少しずつ掃除をすれば、帰宅後や週末の負担が軽減されますよ。それに、一日の始まりである朝に掃除をすると、気分までスッキリするので一石二鳥です。

会社に出勤する前の掃除がおすすめ

朝の出勤前、ほんの5分だけで良いので掃除をしてみませんか。たった5分と言っても、意外とできることは多いもの。たとえば、出勤前のちょこっと掃除でテーブルの上だけ、洗面台だけ、というように毎日場所を変えてきれいにしていくのがおすすめです。ポイントは、汚れをため込まず、きれいな状態をキープすること。そうすることで、少ない労力で家がきれいになり、モチベーションが維持しやすいのです。

短時間で効率的に掃除をしよう

朝の掃除で大切なことは、短時間で効率的に掃除をすることです。「部屋に掃除機をかける」という視点から「5分だけ床をきれいにする」という視点に変えて、時間がきたら掃除を終えましょう。その方が簡単で負担感が少なく、時間内に掃除をするために効率が上がるのでおすすめです。また、好きな音楽を流して、1曲が終わったら掃除を終えるようにすると、気分良く楽しみながら掃除ができますよ。

効率的な朝の掃除方法①何時からだと迷惑にならない?時間を決めて掃除を行う

朝のちょこっと掃除を続けるためには、時間を決めて掃除をするのがおすすめです。しかし、あまりにも早朝だと、まだ寝ている家族がいたり、身支度などのルーティーンと重なってしまったり、掃除をしやすいタイミングとは言い難いのが現実です。身支度や朝食を済ませた後、出勤する前の5分間だけというように時間を決めてしまってはいかがでしょうか。この時間を確保すると、家がキレイになるだけではなく、時間と気持ちに余裕が生まれますよ。

効率的な朝の掃除方法②掃除を習慣化し毎日少しずつ進める

5分間でできる掃除は、どれくらいの範囲だと思いますか。たとえば朝、トイレに入ったついでにトイレットペーパーで便座を拭く。これだけなら、1分あれば完了します。歯磨きのついでに洗面台と鏡を拭くのだって、1~2分でできちゃいます。このように、使うタイミングで少しずつ掃除を進めていけば、特別な掃除をしなくても、毎日の積み重ねでキレイが続きます。

効率的な朝の掃除方法③曜日で掃除する場所を決めておく

次に、曜日ごとに掃除する場所を決めておくと、家全体をもれなくキレイにできますよ。たとえば、月曜日はトイレと洗面台、火曜日はコンロの周り、水曜日はシンクの周り、木曜日はテレビの周り、金曜日は床、というように、ルーティーン化してしまえば、深く考えずに手早く掃除ができます。シンク周りはゴミが出やすいので、ゴミの日に合わせて掃除する曜日を決めるのがおすすめです。土日は、平日にできなかった所にポイントを絞って掃除しましょう。

効率的な朝の掃除方法④家族で分担することも大切

朝の掃除を効率的に行うために、家族の協力があると心強いですね。食後のテーブル拭きや、勉強机の周りに散らばった消しゴムのかすを集めるなど、子供でもできる掃除はたくさんあります。家族全員が、ちょっとした小さな行動をとるだけで、気持ちの良い家作りができるはずです。家中の掃除を全て自分で抱え込んでしまわず、家族ができることを増やしていきましょう。

朝の掃除で効果的に部屋の汚れを撲滅しよう!

いかがでしたか。忙しい朝だからこそ、少しのすき間時間でも無駄なく活用してキレイな家をキープしたいですね。「あれもこれもやらなければ」「必ずやらなければ」と負担に思う必要はありません。できる時にできることをやって、できた時には自分を褒めてあげてくださいね。忙しい時こそ新しい習慣を身につけるチャンスと捉え、朝の5分間だけ効率的にちょこっと掃除をしてみましょう。