頑固な茶渋を撃退しよう!~茶渋の簡単な取り方&予防方法を紹介~

忙しい毎日の中でも、心安らぐのがお気に入りのカップで過ごすティータイム。しかし、おいしいコーヒーや紅茶も、茶渋がついているカップで飲んでいるとおいしさも半減です。そもそもなぜカップに茶渋はつくのでしょうか?

原因はコーヒーや紅茶に含まれる、タンニンがステインという着色汚れになってしまうこと。ステイン自体は身体に害はないのですが、やはり見た目がよくないですよね。この記事をチェックして、キレイなカップで気持ち良く過ごしたい!手軽に身近なものでお手入れしたい!という願いをかなえましょう。

手軽に落とせる漂白剤にはデメリットが!

漂白剤を使うと、茶渋がキレイになるというのはわかります。ですが、強力なものにはデメリットがあるものですよね。食器に使う際のデメリットを挙げてみました。

・食器の種類によっては使えない
例)塩素系漂白剤…メラミン製は溶かしてしまう、金属はさび・変色の危険がある
酵素系漂白剤…ステンレス以外の金属は不可
・塩素系漂白剤は塩素のにおいが残ってしまうことが多い
・酸素系漂白剤は漂白能力が物足りない場合がある
・塩素系は素材を傷めてしまうことも

上記のものは一般的な例です。食器用の漂白剤には商品ごとに「注意書き」がありますので、よく読んでから使うようにしましょう。

この記事ではデメリットを考えたうえで、漂白剤ではなく身近なもので「茶渋」を落とせる方法を紹介していきます。

茶渋の取り方①重曹を使う

最近は掃除などで重曹を使う家庭が増えていますよね。100均などでも売られていて、手に入りやすくなっています。

細かな粒子の重曹が研磨剤になり、茶渋を落としてくれます。また茶渋は酸性なので、お湯などに溶けると強いアルカリ性になる重曹が反応して落としてくれるというわけです。

重曹で茶渋を落とす方法は2種類。
1)軽く濡らしたスポンジやふきんに重曹をのせて、茶渋をこすって落とす
2)1)の方法では落ちきらなかった、ガンコな茶渋には、カップなどの底が隠れるくらいの重曹をお湯でとき一晩つけておく

注意POINT
重曹は「掃除用」ではなく「食器用」を使うようにしてください。粒子の大きさが大きいと傷がついてしまう場合も。

茶渋の取り方②塩を使う

重曹よりも家にある確率が高いのが塩。いつでも気軽にお手入れできるのがメリットですね。もともと食品ですので気持ち的にも使いやすいのではないでしょうか。

塩も重曹同様に研磨剤の役割を果たしてくれます。

落とし方は簡単。カップなどに塩を一つまみ入れて、軽く濡らしたスポンジでこすります。手に傷などがある場合はしみてしまうので手袋をしてこすりましょう。

注意POINT
塩の粒子は大きめなので、長期間放置した頑固な茶渋には効果が出にくい場合も。気が付いたときにこまめに落とせる方におすすめの方法です。

茶渋の取り方③柑橘類の皮を使う

柑橘類の皮にはリモネンという成分が含まれていて、天然成分ながら消臭効果や汚れを落とす働きがあります。オレンジオイル配合の洗剤もよく見かけますよね。

使い方は単純。みかんなどの皮をカップの茶渋にこすりつけます。この際皮だけではこすりつけにくいですし、なかなか汁も出てきません。汚れ落ちもあまりよくないため、先に紹介している塩と合わせて使うのがおすすめです。

知っトクPOINT
レモンティーを飲んだ時は、洗う時に皮を活用してみましょう。

茶渋の取り方④歯磨き粉を使う

茶渋の原因である着色汚れ「ステイン」。このワードをよく聞くのは歯磨き粉のCMではないですか?

ステインを除去してくれる成分であるポリリン酸ナトリウムを含む歯磨き粉を使って、茶渋を簡単に落とすことができます。ホワイトニング効果をうたっている歯磨き粉をお使いの方は試してみてください。

使い方は、歯磨き粉をスポンジに取り、カップなどについた茶渋をこするだけ。手軽で簡単、短時間で茶渋を落とせるのでおすすめの方法です。

茶渋の予防方法

茶渋を落としてキレイにした後は、なるべくキレイな状態を長く続けたいですよね。ここでは、茶渋をつきにくくする方法を紹介します。ちょっとした心がけで、かかる手間とストレスを減らしましょう。

・飲み物を飲んだらすぐに洗うか、水につけておく
・陶器製のものより磁器製のものを選ぶ(磁器製のものの方が茶渋がつきにくい)
・陶器製のものは、使用前にお米のとぎ汁でに出しておく(ひび割れ防止にも)
弱火で10~20分煮て、洗わずそのまま乾かします

茶渋を落としてティータイムを気持ち良く!

漂白剤を使わなくても、意外と身近なもので「茶渋」をきれいにできることがわかったでしょう。茶渋をつきにくく注意してあげることと、色がつき始めたら早めに手入れしてあげることが、どんな時でもティータイムを気持ちよく過ごす秘訣ではないでしょうか?

紹介した方法は、新しく買い足しに行かずに、短時間&簡単にできるものばかりです。楽しみながら「茶渋」の撃退を試してみてください。いつでもきれいなカップで過ごせますね。