毎日使う場所だからこそ見直したい!お風呂掃除のコツを徹底解説

バスルームは毎日使う場所だからこそ、キレイにしておきたいですよね。でも、洗う場所やモノが結構多いし、洗っても洗っても汚れがたまっているイメージがありませんか?そして、「掃除方法がわからない」「時間がなくて隅々まで行き届かない」という悩みを抱えている方も多いはず。実は、覚えておけばお風呂掃除がぐっと楽になるというお風呂を手早く掃除するコツがあるのです。お風呂汚れの種類や対策など、すぐにでも取り入れられるその方法を教えます。

お風呂汚れの種類を知ろう!

お風呂汚れにも種類があるということをご存知でしょうか。お風呂には、4種類の汚れがあります。1つ目は、よく目にするピンク色のカビ、赤カビです。「ロドトルラ」と呼ばれる菌の一種で、お風呂の隅などでピンク色のヌルヌルした汚れのことを指します。2つ目は黒カビです。赤カビと同様の菌による汚れですが、根を張って素材の奥にまで入り込む特徴があります。3つ目は、鏡によくみられる水アカや石鹸カスです。水分が蒸発する時に、水道水に含まれるミネラル分や、水道水とシャンプー・体の脂肪分が混ざり合ったものが残って蓄積したもののことを言います。4つ目はアカ・皮脂汚れです。体から出た皮脂が蓄積し、床に黒ズミを作ります。これらの汚れの特徴を把握すると、力を使わず簡単に汚れを撃退できます。

洗剤やスポンジ・ブラシを使い分けて汚れを撃退

4種類の汚れの特徴に合わせて洗剤選びをすれば、楽に汚れが落ちます。赤カビは、簡単に落とせるので、普段使っている洗剤でOKです。根を張る厄介な黒カビは、塩素系のカビ取り剤で、しっかりと根元から取り除きましょう。次に、水アカ・石鹸カスはアルカリ性を持った汚れなので、酸性のクエン酸水を使うと中和してゆるめてくれるため、落としやすくなります。最後に、酸性のアカ・皮脂汚れには、アルカリ性の重曹を使用します。また、浴槽や壁などはスポンジ、浴槽のフタや床など凹凸のあるものは汚れを掻き出すブラシ、など場所によって使い分けを。ドラッグストアやホームセンターには場所別の商品も販売しているので、用途に合わせて取り入れるといいでしょう。

頑固なカビも毎日の簡単掃除で予防しよう

清潔なバスルームを保つには、カビ・汚れを予防するために簡単な掃除を習慣化することが大切です。そのキーワードは、入浴中、入浴後の「ついでにやる」こと。まずは浴室にスポンジやブラシ、洗剤を常備しておきましょう。入浴中、体を洗い終わったら、シャンプーボトルの裏や床、壁などの汚れを見て、気になるところは軽く掃除します。また、お風呂から上がる時に、排水口も確認を。髪の毛やカビのチェックを行います。長時間放置しておくと掃除が大変になる部分は、こまめにチェックするようにしましょう。習慣になるまでは面倒臭いかもしれませんが、汚れを溜めないことが結果的にお風呂掃除が楽になりますよ。

どのくらいの頻度で大掃除をすればいい?

毎日洗ってはいるけれど、どのタイミングでどこを洗えばいいのか迷う方もいるでしょう。基本的には、汚れやすいバスタブと排水口は毎日洗い、それ以外は週〜年に1度と考えておきます。場所別の掃除頻度は、壁、浴槽のフタ、鏡、洗面器や椅子などの小物は1週間に1回、風呂釜、排水溝、シャワーヘッド、換気扇、天井は1〜2カ月に1回が目安です。それ以外の大掛かりな掃除は、1年に1回程度行いましょう。

お風呂掃除の手間って省けるの?

汚れを放置すると、どんどん大変になってしまうのがお風呂掃除。ただ、掃除の手間が省ける方法もあるのです。その方法は、3つあります。まずは「バスルームにモノを置きすぎない」こと。洗面器、椅子など、モノが多ければ多いほど死角も増えて、汚れの溜まる場所も増加します。次に、「水気を切って、換気をする」こと。使った後、水気を拭き取って窓やドアを開け、湿気を溜めないようにしましょう。24時間換気システムがあれば、ぜひ活用を!そして、「掃除道具はこまめに交換する」こと。道具が汚いと、道具についた菌を掃除のたびに広げてしまうことになります。バスブラシなどは1〜2ヶ月に交換し、できるだけ水が切れる状態しておきましょう。汚れを溜めない環境づくりが、清潔なお風呂をキープするための秘訣です。

クリーニング業者に頼んでリセットするのも有効手段

これまで、様々なお風呂掃除のコツを紹介してきましたが、なかなか自分では隅々までは行き届かないというのが正直なところ。そんな時は、思い切ってプロの業者に委託して、一度キレイにリセットしてもらうというのも一つの手段です。普段は手の届かない、床や壁、ドア、シャワーヘッド、天井、エプロンなど、場所や汚れの種類に合わせて、洗剤や機材を使い分けてしつこい汚れも徹底的にキレイにしてくれます。キレイになった後は、カビ・汚れを寄せ付けないよう、できる対策から始めてみましょう。

スッキリピカピカのお風呂で1日の疲れを洗い流そう

1日の最後に入るお風呂がキレイだと、気持ちも疲れも自然とスッキリするものです。とはいえ、忙しい毎日でお風呂掃除に割ける時間は限られるものなので、お風呂掃除の手間をできるだけ軽減したいですよね。場所・汚れ別の対策と換気、そして毎日の「ついでに」掃除の習慣化をすると、週1回、月に1回のお風呂掃除がとても楽になります。今回紹介したコツを参考に、自分に合ったルーティンを見つけて、キレイなバスルームをキープしましょう。