テレビ掃除をして画面をピカピカに!簡単にできる掃除方法を紹介

リビングの主役でもあるテレビは毎日見るものでありながら、掃除は後回しにしてしまいがちですよね。気づけばホコリや子供の手垢だらけ!せっかくのキレイな映像もかすんで見えるなんてことも多いのではないでしょうか?でもテレビは精密機械だし、液晶画面の掃除はなんか難しそう…なんて思っていませんか?ここではテレビ掃除を簡単にできる方法を紹介します。

テレビ画面の汚れの原因はほこり・手垢に油汚れ!

ズバリ!テレビ画面の汚れの原因は、ホコリや手垢、食べ物などで、飛び散った油汚れがほとんどです。特に小さな子供のいる家庭では、子供が画面に触れてしまい、テレビを消すと子供の手や指のあとがべったりとついてしまっている家も多いのではないでしょうか?ここからは、そんな汚れを簡単に落とせる掃除方法を紹介します。

テレビの内部にほこりがたまっている場合の掃除のやり方

まず、テレビを暗くすることで、画面の汚れを見えやすくします。感電する可能性もあるので必ず電源はOFFにしてから作業しましょう。テレビの内部は精密機械が集まっている場所ですが、それ故ホコリにはとても弱く、故障の原因になります。カバーを外してまで掃除をするのは壊してしまわないか心配ですし、何よりも面倒ですよね。そんなときは、ファンやカバーの隙間に掃除機を当てて吸い込んでみるだけでも良いでしょう。カバーを外して掃除しても良いですが、それが原因で故障してしまった場合は、保証が効かなくなる可能性もあります。カバーの中まで掃除をしたい場合は自己責任で行うか、購入した電化製品のお店もしくはメーカーに問い合わせてみましょう。

手垢や油汚れの場合の掃除のやり方

テレビ画面の手垢や油汚れの掃除は「から拭き」が原則です。力を入れすぎると液晶画面を傷つけてしまいますので、表面を一方向へ優しく拭いていきましょう。後ほど紹介する、マイクロファイバーのブラシや液晶専用のクリーニングクロスなどを使用します。また、頑固な汚れ部分は息を吹きかけてこすってみたり、それでも落ちない汚れについては、柔らかい雑巾でそっと水拭きをしてみると良いでしょう。水拭きをしたあとはすぐに乾いた布で拭き取るようにしてください。また、どのお家にもあって手軽に使用できそうなのがティッシュですが、ティッシュは繊維の目が粗く、液晶画面を傷つけてしまう恐れがありますので、使用は控えましょう。

100均でも買える掃除アイテム

マイクロファイバーのブラシやクリーニングクロスは100円均一の店でも簡単に購入できます。また、液晶専用のウエットタイプのクリーナーなども販売されています。わざわざ電化製品の専門店に行かなくても、100均の店で購入できるとあれば、掃除のハードルもかなり下がりますよね。

おすすめテレビ掃除道具①マイクロファイバーのブラシ・クリーニングクロス

マイクロファイバーのブラシは、テレビ画面はもちろん、様々な電化製品の掃除に特化したクリーニングブラシです。毛が柔らかく、液晶画面を保護しながら、ホコリを取り除くことができます。また、クリーニングクロスも同様にマイクロファイバーを使用したものが多く、こちらはテレビ以外にも、メガネやスマホ、カメラのレンズなどを磨く際にも使用されます。こちらは水洗いができるものもあり、いつも清潔な状態で使用ができるので、一家に数枚、用意しておくと良いかもしれませんね。

おすすめテレビ掃除道具②専用の液晶クリーナー・中性洗剤

液晶クリーナーは、液晶画面に使用できる専用のウエットティッシュのタイプのクリーナーです。液晶画面についた指紋や皮脂などを落としてくれるので、頑固な汚れの場合は、こちらを使用すると良いでしょう。また、どうしても落ちない汚れについては、中性洗剤を使うという方法もありますが、中性洗剤は液晶画面を激しく傷つけてしまう恐れがあります。もし、使いたい場合は、濃度を1%以下に薄めたものか、もしくは水かぬるま湯を使用し、汚れている部分だけをピンポイントで使うことをおすすめします。

キレイなテレビ画面で気持ちよくテレビ観賞をしよう

テレビは、汚れてしまっていては映像を最大限に楽しむことができませんよね。後回しにしてしまいがちなテレビ掃除も、100均で簡単に手に入る掃除グッズで簡単にできます。キレイなテレビで楽しいテレビライフを送りましょう!