窓掃除をして気持ちよく過ごそう!簡単にキレイになる方法を紹介

少しぐらい汚れていても特に困らないし…とついつい後回しにしてしまうのが窓掃除。しかし、天気のいい日にカーテンを開けると、汚れてくすんでしまっている窓に、愕然としたという経験はありませんか?一言で「窓掃除」といっても、内側・外側・サッシとやらなくてはならないことが多く、面倒に思いがちです。そんな窓掃除もちょっとしたコツをつかめば、簡単にできるのです!今回は、窓が簡単にきれいになる方法を紹介します。

窓にもカビが発生する!

気がついたら、窓のゴムパッキンやサッシが黒くカビている!と驚いたことがあるという人もいるはずです。室内と屋外の気温差が大きくなる冬場に、窓には結露が発生します。面倒だからと結露を放っておくと、どんどんカビが増殖してしまいます。このカビを見なかったことにして、さらに放置してしまうと、健康にも悪影響を及ぼす可能性があるので、注意が必要です。カビを見つけたら、即座に撃退しましょう!

窓ガラスの内側・外側の汚れの原因を知ろう

窓ガラスの汚れは、内側と外側で違います。まず、室内側は、汚れた手でガラスに触れたり、ガラスについた手の皮脂にほこりがつくことで汚れていきます。他にも、油汚れが付着したり、タバコのヤニはガラスを黄ばませ、落としにくい頑固な汚れになります。一方、外側の汚れは、風で運ばれてくる花粉や黄砂・砂・泥・雨・車から出る排気ガスが原因であることが多いです。空気中に含まれる砂などの汚れは、雨風が吹くと、窓ガラスや網戸に付着し、そのまま固まり、落ちにくくなってしまうことがあります。

窓掃除に便利な道具はワイパー

面倒臭い窓掃除ですが、時間をかけずにきれいにできる優れものがあるのです。その優れものとは、「ガラスワイパー」のこと。「スクイージー」とも呼ばれ、窓ガラスについた水を、きれいに落とすための道具です。このワイパーを使うとゴムで水気を払うので、雑巾などで拭く必要がなく、細かい繊維残りも心配ありません。短時間できれいにでき流ので、サッと終わらせたい時はとても重宝します。100円ショップやホームセンターなどで手に入るので、用途に合わせた商品を選んでみてください。

ひどい汚れには新聞紙と洗剤がおすすめ

ひどい汚れには、折って濡らした新聞紙で拭き、その後、乾いた新聞紙で水気を取る方法がベストです。新聞紙の紙質とインクが、汚れを効果的に落としてくれます。じっくり掃除したい時は、エコ洗剤や、ガラスクリーナーを使用するのもおすすめです。窓の内側と外側では汚れの成分が違うので、掃除の仕方も違ってきます。内側は酸性の汚れなので、アルカリ性のセスキ炭酸ソーダやアルカリ電解水を、外側はアルカリ性の汚れなので、酸性のクエン酸が最適です。スプレーボトルに200ミリリットルの水あたりスプーン1杯のセスキ・クエン酸を入れて使いましょう。窓のゴムパッキンやサッシの気になる部分もセスキ炭酸ソーダスプレーと歯ブラシできれいになりますよ。

時短家事!窓拭きロボットにおまかせ

最近では、床掃除だけでなく窓を掃除してくれるロボットも登場しました。永久磁石内蔵で、内側と外側、両面が同時に掃除ができるものや、前方のクリーニングパッドで汚れを吸着し、内蔵ワイパーで拭き取り、もう1つのクリーニングパッドで磨き上げるというものなど、高性能な商品ばかりです。大きな窓や、高い場所など手の届かないところでも使えるため、安全で簡単に窓がきれいになると話題になっています。窓掃除にかかる時間を、他の家事や趣味などに充てられる余裕ができるのも嬉しいポイントですね。

たまには窓掃除の業者に頼っちゃおう

簡単とはいえ、汚れやカビを長く放置した窓の掃除すると、思いの外時間がかかったり、カビが取れなかったり、と掃除をした時間の割にきれいにならなかった…ということもあるかもしれません。そんな時は、掃除のプロであるクリーニング業者にお願いするのも1つの手段です。プロのノウハウと、特殊な洗剤で、曇りのないスッキリとした窓が蘇ります。ホコリが付いて、かすんでいるサッシのレールに、土が固まってしまっているなど、自分では難しそうな汚れを見つけた時はプロに頼んでみましょう。

簡単なやり方でこまめに窓掃除をしよう!

これまで避けてきがちだった窓掃除も、掃除方法と便利な道具がわかればハードルもぐっと下がるはずです。また、効率的にきれいにするには、くもりや雨上がりの日の湿度の高い時間に、窓掃除を行うことです。湿り気を帯びた汚れは、落としやすくなっているので、簡単にきれいになります。掃除の頻度が下がれば、その分汚れが落としにくくなるので、こまめに窓ガラスをきれいにして、快適な生活を送りましょう!