押入れ掃除で健康な生活を手に入れよう!押入れ掃除の方法を教えます

押入れの掃除をしようとしても、どうやってやればいいのだろう?何を使えばいいのだろう?と悩む方が多いのではないでしょうか?押入れは通気性が悪く、カビが生えやすい場所でもあります。押入れは、布団やタオルなど、肌に触れるものを収納するこが多いですよね。そのため、より清潔に保ちたい場所です。そこで、この記事では簡単な掃除方法と、カビ対策について紹介していきます。ぜひ、参考にして清潔な押入れにしていきましょう。

押入れ掃除は意外と見落としがち!

リビングや、洗面所などの見える部分は、こまめに掃除をしますが、押入れのように見えない場所の掃除は、忘れがちではないでしょうか?ですが、見えないところほど汚れが溜まっているのです。押入れは湿気が溜まりやすく、カビが生えてしまうことも、少なくありません。一度生えてしまったカビはなかなか元に戻すことは難しいのです。このカビは、押入れの嫌な臭いの原因にもなります。なので、押入れの掃除は定期的に行いましょう!

押入れは湿気がたまりやすくカビが発生することもある

押入れは湿気がたまりやすい場所です。湿気が溜まると、「カビ」や「結露」が発生し、衣類や布団を傷めてしまいます。「カビ」や「結露」を防ぐ為には、通気性をよくすることが、重要です。その為のアイディアとして、スノコを敷くことをおすすめします。スノコを敷くと、空気の通り道ができて、格段に通気性がよくなります。他にも効果的なのが、新聞紙の活用です。新聞紙を丸めて置いておくだけで、湿気を軽減してくれます。是非、家の押入れのカビ対策の参考にしてください。

押入れの掃除方法①全体的に掃除機をかける!

基本的に、掃除機があれば簡単な掃除はできます。押入れは、毎日細かく掃除をするわけではないので、かなりのほこりが溜まっているのです。まずは、ほこりをなくすことが大切です。ほこりをエサに、「カビ」や「ダニ」が繁殖する可能性があります。押入れは、布団や衣類を、収納する場所なので、「カビ」や「ダニ」が繁殖したら嫌ですよね。掃除機でほこりを吸うだけでも、清潔な押入れが保てます!

押入れの掃除方法②消毒用のエタノールを使って拭き掃除をする!

掃除機でほこりを取り除いた後に、消毒用のエタノールで、拭き掃除をしましょう。直接吹きかけても大丈夫ですが、心配でしたら布に染み込ませてから使うのもよいでしょう。消毒用エタノールなので手についても大丈夫ですが、目には入れないように気を付けてください。エタノールはカビになる前に、成分を分解してくれる効果があります。さらに、押入れ特有のカビ臭を除去してくれる効果もあるので、是非、押入れの掃除に取り入れたいですよね。ただ、エタノールの臭いで気分が悪くなることもあるので、掃除をするときは、換気をしましょう。

アルコールやエタノールを使ってカビ予防をすることもおすすめ!

布団や衣類の、収納場所になる、押入れに、アルコールや、エタノールを使っても大丈夫なの?と疑問を抱く方もいるかもしれません。アルコールやエタノールはカビ予防に有効なので、是非使ってください。ただし、アルコールには色々な種類があります。身体に害がなく、素材を傷めにくいものを選びましょう。

カビが発生していることもあるので、マスクやゴム手袋があると安心!

押入れの掃除をするときは、ゴム手袋やマスクを着用しましょう。カビを直接触るのは衛生的によくないですし、アルコールやエタノールを使って掃除をする場合は、手が荒れてしまう可能性があります。押入れは、ほこりも多く、カビの臭いや、アルコールの臭いで気分が悪くならないためにも、マスクは必須です。

押入れ掃除は衛生的でも定期的に行うことが大切!

押入れはカビや、目に見えないダニが潜んでいます。そんな場所に布団や衣類を収納していると思うと、気持ちよくありませんよね。押入れだけでなく、押入れに収納しているものにカビが生えてしまう可能性もあります。もちろん、身体にも良くないのです。最低でも、6か月~1年に1回の掃除を心がけましょう!衛生的な押入れにして、家族が安心して使える、押入れにしていきましょう。