これで汚部屋とさようなら!リビング掃除のコツを一挙ご紹介

リビングは家族が集まってくつろぐ場所。ゆったりと過ごすために、リビングはキレイに保ちたいですよね。その一方で、リビングは人が集まる分、物が集まりやすく、ちょっと油断すると散らかったりホコリがたまったりしやすいものです。また、リビングはテーブルやソファ、テレビ、収納家具などの大きなものが多く、掃除が面倒になりやすい部屋です。今回は、そんなリビングをキレイに保つコツを一挙ご紹介します。

リビング掃除を楽にするにはコツが要る

頻繁にリビング掃除をしているのにすぐに汚れやホコリが溜まってしまう時、ちょっとしたコツを押さえるだけでもっと楽に掃除ができるかもしれません。仕事にコツがあるように、リビングの掃除を楽にするのにもいくつかのコツがあります。それは、無理なく続けられる頻度で掃除をすることと、掃除をしやすい環境作り、無駄のない手順です。リビング掃除が楽にできれば、浮いた時間を有効活用できますよ。

リビング掃除を楽にするコツ①掃除は3日~1週間に1回

毎日掃除に時間をかけてリビングをすみずみまでピカピカにしたいけれど、忙しくてなかなか手が回らない…。忙しい毎日を送っていると、掃除だけに何時間もかけていられない場面がありますね。そんな時は3日~1週間に1回程度の掃除機がけがおすすめです。普段は髪の毛やホコリが落ちているのを見つけたら、その都度粘着シートやフローリングシートで手早くキレイにしましょう。

リビング掃除を楽にするコツ②整理整頓を心がけよう

リビングの掃除が大変な時は、整理整頓を見直すチャンスです。リビング掃除が面倒になる原因として、散らかっている物の片付けが大変だということが挙げられます。家族全員が片付けやすいように物の定位置を決めることや、使った物を出したままにせず、出したらしまうことを心がけましょう。普段からリビングが整理整頓されているだけで、掃除の手間がぐっと省けますよ。

リビング掃除を楽にするコツ③効率的な手順は上から下、奥から手前

リビング掃除を効率的にするためには、ゴミやホコリの動きに合わせて掃除をするのがおすすめです。ゴミやホコリは高いところから低いところへ動きます。そのため、エアコンや照明器具、背の高い棚の上など、天井に近い部分から始めてテーブルやテレビ、床というように順に低いところへ向かって掃除をしましょう。奥行きがあるところは奥から手前に向かって掃除をするとキレイにできるだけではなく、動きに無駄がありません。

リビング掃除を楽にするコツ④掃除がしやすい掃除機収納の仕方

リビング掃除を楽にするためには、気づいたときにサッと掃除ができるように、使いやすい位置に掃除機を収納するのがおすすめです。掃除機はよく使うものだから出しておきたいけれど、生活感が出てしまうのが悩みですね。クローゼットや押し入れの奥に入れるより、手前の取り出しやすい位置に置く方が、家族の掃除の頻度が上がります。最近ではデザイン性の高いコードレス掃除機など、リビングに出したままでもインテリアになじむものも発売されていますのでチェックしてみてください。

リビング掃除を楽にするコツ⑤汚れやホコリを溜めない工夫

汚れやホコリが少なければ、リビング掃除は格段に楽になりますよね。そこで、汚れやホコリをためないように、家具の配置を工夫しましょう。家具をできるだけフラットに配置し、余計なすき間を作らないようにすると、汚れやホコリが溜まりにくくなるだけでなく、掃除の導線が短くなるのでおすすめです。また、家具の上に物を置かないようにするとハンディモップなどでサッと拭くだけで楽に掃除ができますよ。

きれいなリビングで忙しい毎日の疲れを癒やそう

いくつかのコツをつかめば、面倒になりがちなリビング掃除を楽にできますよ。無理なく続けられる頻度での掃除、掃除しやすい環境作り、無駄のない手順で掃除をすることなど、どれもリビング掃除を楽にするために押さえておきたいポイントなので、ぜひ試してみてくださいね。きれいなリビングでゆったりとくつろいで、日頃の疲れを癒やしましょう。