バスソルトで風呂釜が痛む?
その原因と対策をリサーチ

バスソルトで風呂釜、いわゆる給湯設備が痛むことがあると聞いたことはありませんか?塩が主成分のバスソルトや温泉成分の入浴剤が、給湯パイプなどにダメージを与える原因と、使用の際に注意すべきことを調べてみましょう。

バスソルトは日常の疲れを取り除くアイテム

一日の終わりに、好みの入浴剤を入れたお風呂でゆっくり温まるのが楽しみ!という人も多いでしょう。仕事や家事の疲れを癒してくれるだけでなく、お肌の保湿など美容効果を期待できるものもありますよね。

昔ながらのバスクリンやバブなどのような手軽なものから、温泉成分を主成分にしたものや、きれいなピンク色のヒマラヤ岩塩などのように、塩そのもの、というバスソルトまで、入浴剤の種類や内容はさまざまです。

バスタブは入浴剤の成分によっては変色・変質を起こすことも

バスタイムを楽しませてくれるバスソルトですが、内容成分によっては、バスタブを変色・変質させる場合があります。

よく言われるのが人工大理石を使ったバスタブ。硫黄分や塩分、鉄分を多く含む入浴剤を使用すると、バスタブ自体を傷める恐れがあります。また、浸透性がある材質なので、入浴剤の色素で着色してしまう場合も。ひのきなど木製のバスタブは、白濁成分が含まれた入浴剤が付着しやすいので、お湯がにごるタイプのものは避けるようにしてください。

バスタブに付属の鎖部分や栓の部品なども、要注意。入浴剤成分で錆びたり傷んだりすることがあります。

風呂釜が傷む?循環式の給湯設備は要注意

バスソルトを使用する際に注意が必要なのは、多くの場合はバスタブよりも目に見えない配管部分です。

いわゆる風呂釜、とか給湯設備、と呼ばれる部分ですが、入浴剤やバスソルトの成分が配管を腐食させたり、正常な運転を妨げたりします。

特に多くの家庭で設置されている、自動的にお湯を循環させて加熱・保温してくれる全自動タイプの給湯器は、注意が必要です。追い炊きを行っている際に、入浴剤の成分によって動作が停止したり、うまく循環しなくなるなどの可能性があります。

温泉成分入りの入浴剤は錆の原因にも!

corrosion in piping, broken pipe from water mineral erosion

硫黄など温泉成分が入った入浴剤は、配管によく使われている銅を腐食させてしまいます。長期間使用を続けると、配管そのものが錆びてダメになるかも。ソルト(塩)が主成分の入浴剤も同様に錆の原因になる場合があり、配管のメンテナンス面から言えばNGアイテムとなります。

バスソルトを使いながらお風呂を炊くのはNG

お湯に入れると炭酸ガスが発生するタイプの入浴剤は、大量の泡がお湯の循環経路に流れ込むと、故障をまねくことがあります。乳白色にお湯がにごるタイプの入浴剤は、循環口のフィルターを詰まらせる原因に。

いずれの場合も、使用中に追い炊き機能を止めておくことで、防止することができます。でも、実際には家族が入浴する間は保温を入れておきたいですし、多くの人はあまり気にせずにバスソルトを使っているケースが多いのでは?故障を防ぐために、風呂釜やバスタブのメンテナンスはどうすればよいでしょうか。

毎月、または2~3カ月に1度は風呂釜用洗浄剤を使用しよう!

入浴剤やバスソルトが給湯設備や配管にダメージを与えるのは、含まれている成分が中に付着してしまうことが原因のひとつです。それを予防するためには、風呂釜用洗浄剤で、定期的に配管を掃除することが大切です。

入浴剤を日常的に使用している人は、風呂釜掃除は毎月1回行うのが理想的です。無理な場合でも、できれば2~3カ月に1回は行うようにすれば、配管内部のダメージはかなり軽減されます。

もちろん、バスタブや循環口など見えてる部分は、しっかり掃除して入浴剤の成分が残らないようにしてくださいね!

バスソルトで風呂釜を痛めずにバスタイムを満喫しよう!

日々の楽しみの入浴剤が風呂釜を故障させたらショックですよね!お掃除やメンテナンスをしっかり行い、毎日のバスタイムを心置きなく楽しみましょう。