大掃除には順番が大切!
~大掃除を効率よく終わらせる方法~

春は卒業や入学、異動など環境が大きく変わることが多い時期。それに合わせて部屋の大掃除や模様替えなどを検討中の方も少なくないでしょう。とはいえ、忙しい時期でもありますので、じっくり時間を取るのが難しいのも現実。そこで、大掃除を効率よく終わらせる方法をご紹介します。ポイントは「大掃除の順番」です!

①ゴミの処分:大掃除の最初は家族全員でゴミの処分から

大掃除をすると決めたら、家族に予定を聞き、日付を決めましょう。家族全員で取り組める日がベスト。「これ処分してもいいのかな?」と迷う時にその場で確認できると作業が早いです。日付が決まったら、最低限やりたいことをピックアップして、洗剤など必要な道具は前日までにそろえておきましょう。

大掃除当日は、最初に不要なものをゴミ袋に入れていきます。ゴミとして処分するものを一カ所にまとめるだけでも、部屋がスッキリしますよ。

②キッチン・水回り:油汚れやカビ汚れは洗剤の浸け置きで対処

ゴミの処分が終わったら、キッチンや水回りの大掃除に取り掛かりましょう。油汚れや水垢、カビなど、洗剤を付けてしばらく放置した方がいい作業をまず行います。

家族構成や子供の年齢にもよりますが、キッチンと浴室、トイレは大人が担当し、洗面所を子供に頼むのがおすすめです。そして、大人1名が洗い流す作業を順番に行い、他の人は次の掃除場所へ移動してもらいます。汚れがひどいものは、午後に洗い流すなど、臨機応変に取り組みたいですね。

③寝室・廊下:照明器具、棚、床掃除の順番で

寝室と廊下は、照明器具の掃除からスタート。照明カバーの汚れがひどいときは、お風呂場に持って行き、水洗いをして乾かします。その後に、棚を拭き、ベッドや布団のケアをして、最後に床掃除。ベッドの下や棚と壁との隙間なども忘れずに掃除をしましょう。

ホコリが気になる作業は、小さな子供には頼めないですね。そんなときは、廊下や床の汚れ探しチェックを頼んでみるのはいかがでしょうか。ゲーム感覚でもあり、けっこう楽しめます。

④窓:窓ガラスは新聞紙を持ち家族全員で楽しく掃除を!

キッチンや寝室という負担の大きい掃除を頑張り、少し疲れが出てくる頃。家族全員で一カ所に集まり、おしゃべりをしながら窓掃除をするのはおすすめです。

窓ガラスの外側と内側に分かれ、ゴシゴシと新聞紙で拭くだけでも、目が合いクスっと笑顔になれるのが窓掃除の良さ。完璧を目指すと大変な作業なので、30分など時間を決めてやるといいでしょう。窓掃除が終わったぐらいののタイミングで、昼食にできると順調です。息抜きに外食に行くのもいいですね。

⑤リビング・ダイニング:ホコリ取りをしてから床掃除

午後の大掃除はリビングやダイニングから。寝室と同様に照明器具をはじめとしたホコリ取りから始めます。テレビなどの家電は静電気でホコリがたまりやすいので、意識して掃除をするといいでしょう。その後、床掃除をします。

余裕があれば、掃除機やペーパーモップをかけた後に、拭き掃除までできると理想。リビングは食べこぼしや皮脂で汚れているケースが多いので、水拭きするとスッキリしますよ。

⑥玄関:最後の仕上げは、風水で運気UP

大掃除の締めは、玄関。風水では、玄関掃除をすると運気が上がると言われています。靴箱の中や傘の整理などから始め、整理整頓ができたら、床を掃除しましょう。そして最後に、表札とドアノブ、インターホンを磨いて終了です。

部屋は奥から、ほこりは上から下へ

今回は一例として大掃除の順番をご紹介しました。どこの部屋から始めるか迷ったときは、できるだけ奥の部屋からと覚えておくといいと思います。また、ホコリ取りは高い位置から順に取り組んでいきましょう。そうすることで、二度手間になるのを防げ、効率よく大掃除を終わらせられます。