カレー鍋をあっという間に掃除する!
~簡単な掃除方法からにおいを取る方法まで~

日本人の「国民食」とも言われるカレーライス。大人から子供まで大好きなメニューですが、食べた後の鍋を洗うのが結構負担という声も。粘性が高く、色が付きやすいので、普通に洗うだけではキッチンスポンジが汚れてしまいます。そこで、簡単にきれいに洗える方法をご紹介します。

カレー鍋の掃除方法①重曹とへらを使う(ほうろう・ステンレス)

ナチュラルクリーニングのアイテムとして有名な重曹。カレーの鍋を洗う際も、その力を発揮してくれます。重曹は重炭酸ソーダの略で、アルカリ性。酸性の油汚れを中和して、落とす働きがあります。

重曹を使う際に、注意しなければいけないのは、カレーを食べ終わった後の鍋に水を入れない、ということ。カレーの鍋全体に重曹をかけ、カレーと一緒にへらで集めます。へらは、掃除用のものが使いやすいです。牛乳パックを切ったものや、いらなくなったプラスチック製のポイントカードなどでも代用できます。

重曹がカレーの水分を吸い込んで、ぱらっとした状態になります。カレーだけのときよりも、へらで集めるのがかなり楽です。かき集めたカレー&重曹は、新聞紙などで包んで燃やせるゴミへ。この後は、他の食器や鍋と同じように洗います。

カレー鍋の掃除方法②お酢とへらを使う(アルミ)

上で紹介した重曹は、カレーの鍋を洗うのに便利な掃除アイテムですが、実は、アルミの鍋には使えません。鍋が黒ずんでしまうからです。

アルミの鍋を洗うときに使うのは、酢。まず、キッチンペーパーやへら、古布などでカレーの汚れをさっと拭い取ります。次に、鍋に水を張り、お酢を大匙2~3杯入れます。鍋を火にかけ、沸騰したら火を止めて冷めるまで放置。酢入りのお湯で、つけ置き洗いします。

冷めたら鍋の水を捨て、鍋を洗います。完全に落ちていない場合も、ここまでくれば、洗剤で楽に落ちますよ。

カレー鍋の掃除方法③ラップでこする


家に重曹がなくて、重曹&へらの方法は採用できない、でも、カレーでキッチンスポンジを汚すのは避けたい……という方におすすめなのが、ラップを使って洗う方法です。

あらかじめ、キッチンペーパーやへら、古布などでカレーの汚れを拭い取り、その後、鍋にお湯を注いで全体を濡らしてから、お湯を捨てます。こびり付いたカレーに水分でゆるめた状態にして、洗剤を少しつけて丸めたラップでこすります。

一度皿を使ったけれど、それほど汚れていないラップがあれば、ぜひ再利用してご活用ください。

カレー鍋の掃除方法④たわしを使う

キッチンスポンジの代わりに、たわしを使う方法もあります。たわしなら、キッチンスポンジのようにカレーの色が染みこんでしまう心配はほとんどありませんよね。

洗う手順はラップのときと同じです。ラップのところをたわしに置き換えます。

カレー鍋の掃除方法⑤カレーから他の料理へアレンジする

筆者がよく採用するのは、この方法です。

カレーを少し残しておき、鍋を温めたところに、茹でたスバゲッティ、うどん、そば、マカロニなどを投入します。ごはんを入れることもあります。麺やごはんにカレーをよくからませて、盛り付けます。ごはんの場合は、チーズをのせて、オーブンで焼くという展開も。

カレーがほとんど残っていない状態の鍋には、だし汁や水を入れて、カレーを水分によく溶かすようにしてカレースープにします。麺つゆで味を調えると、カレーうどんの汁にもなります。

カレー鍋のにおいを取るには?

重曹を使って洗えば、においが残ることはほとんどありません。洗っただけでにおいが取り切れないときは、鍋に水をはり、重曹を大匙2~3杯入れて、火にかけます。沸騰してから火を止めて、そのまま冷ますといいですよ。

また、米のとぎ汁を鍋に入れ、少し置いてから洗うという方法もあります。

美味しいカレーの後の掃除をラクにしちゃおう!

カレーの鍋は、コツを押さえれば簡単に楽に洗うことができます。もう、食べた後の鍋の掃除は負担ではありませんよね?心置きなく、おいしいカレーを作って楽しみましょう!