油汚れの掃除の仕方を紹介!
頑固な油汚れにさようなら!キッチンをピカピカに

こまめに掃除をすれば、汚れがたまりにくいのは分かっていても、なかなか実践できないのがキッチンの掃除。ポイントを押さえれば、意外と簡単にきれいになります。年末の大掃除の時期よりも、温かい時期にする方が、汚れは比較的に楽に落とすことができますよ。

面倒な油汚れはなぜ落ちにくいのか?

キッチンの汚れの大部分は、油汚れと言われています。料理で油を使うと、気化した油の粒子が舞い上がり、周囲に付着します。

付いたばかりなら台拭きなどで拭くだけでも落ちますが、付着した油は空気に触れると酸化して、樹脂化します。その上に、さらに汚れが付着して積み重なると、ただ拭くだけでは落とせなくなります。

部分別の油汚れの落とし方

キッチンで汚れがたまりやすいところといえば、五徳、ガスコンロやIHクッキングヒーターの天板、換気扇ではないでしょうか。

・五徳
汚れが軽いときは、お湯で洗うほか、後で紹介する重曹水で拭くだけで落ちます。汚れがたまってしまったときは、重曹ペーストを載せ、ラップでくるんで放置すると、汚れが落ちやすくなります。

・ガスコンロやIHクッキングヒーターの天板
こちらも、軽い汚れの場合は重曹水、ひどい汚れのときは重曹ペーストで落とします。

・換気扇
レンジフードは重曹水や重曹ペーストを使って落とします。レンジフィルターは、重曹を直接かけて、汚れとなじませ、歯ブラシなどでこするといいですよ。

油汚れの落とし方①熱湯で油を浮かす

取り外しができて、洗い桶などに入る大きさのものは、桶に入れて熱湯をかけてしばらく置くと、簡単に汚れを落とすことができます。五徳や魚焼きグリルの受け皿など、水につけてもよいものならこの方法が便利。

お湯の力で油が浮いてきたら、中性洗剤を少しつけたスポンジなどで洗い、水でよく流します。

油汚れの落とし方②メラミンスポンジを使う

メラミン樹脂でできた、メラミンスポンジ。水だけでいろいろな汚れを落とすことができるので、活用している人も多いのでは。

軽い油汚れなら、メラミンスポンジだけできれいになります。頑固な油汚れのときは、一緒に重曹を使ったり、メラミンスポンジで表面の汚れを落とした後、洗剤を使って拭いたりすると、落としやすくなります。最後に水拭きをします。

メラミンスポンジを使う場合は、力を入れ過ぎると、素材によっては傷つけてしまうこともあるので注意します。

油汚れの落とし方③重曹を使う

ナチュラルクリーニングのアイテムとして、すっかり定着した重曹。重曹はアルカリ性なので、酸性の油汚れを中和して、落としやすくする働きがあります。

軽い汚れには、水100mlに重曹小匙1(5g)の比率で混ぜた重曹水を使います。スプレーボトルに入れ、汚れに直接吹きかけ、タオルなどでさっと拭き取ります。重曹水は作ってから1週間~10日で使い切るようにします。

ひどい汚れには、重曹ペーストを使います。重曹と水を2:1の割合で混ぜ、ペースト状にします。汚れの気になる部分にペーストを載せ、しばらく放置。汚れが浮いてきたら、スポンジなどで拭きとり、最後にきれいな雑巾などで水拭きをします。重曹ペーストは作り置きできません。

油汚れをためないためにすることは?

汚れに気づいたら、冷えないうちに汚れを拭くよう心がけると、油汚れはかなり防ぐことができます。調理の都度、もしくは、1日の最後に、天板をきれいに拭き、五徳を洗うことが習慣になれば、もう完璧ですね!

こまめな掃除の習慣と併せて、汚さない工夫も大切です。鍋やフライパンを使うときは、油分などが外にでないよう、ふたをうまく活用します。換気扇やレンジフードには、カバーを付けておくと、掃除が楽になりますよ。

どうしても油汚れを落とせないときには、プロにおまかせ!

どうしても油汚れを落とせないときや、仕事や子育て、介護などで忙しく、なかなか手が回らないというときは、プロにおまかせするのも手です。ネットで予約できるところもあります。サービス内容や価格を比較して、うまく活用しましょう!