今日からできる!ホコリをためない家作りのポイントをご紹介

こまめに掃除をしていても、いつの間にかたまっているホコリ。部屋にホコリがたまっていると汚れて見えるだけではなく、カビやダニが繁殖しアレルギーの原因となってしまうことも。その一方で、忙しい毎日を送っていると、毎日ホコリを取り除く時間や手間をかけることが難しいというのが現実です。そんな時はホコリをためない工夫をすれば、手間を掛けずに掃除がぐんと楽になりますよ。

ホコリの原因ってなんだろう?

細かい粉や綿のように見えるホコリは布製品や紙製品のくず、人の皮膚や髪の毛、外から持ち込まれた砂埃や花粉など、さまざまなのものからできています。これらの中でも、私たちの生活に密着している布製品や紙製品から発生するホコリが特に多いため、生活していればある程度はホコリが発生してしまいます。そこで、できるだけホコリをためない工夫をして掃除を楽にするポイントをご紹介します。

ホコリが溜まりやすい場所とは?

家の中でホコリがたまりやすい場所はいくつかあります。それは布製品の近くと、部屋の隅や家具のすき間、静電気がある所です。誰でも一度はベッドの下やテレビの周辺、家具の裏側などにホコリがたまっているのを見かけたことがあるでしょう。ホコリはとても軽いため、空気の流れに乗って部屋の中を漂いながらゆっくりと落ちていきます。人の動きや風があると舞い上がり、空気の流れが少ない場所に集まったり静電気に引き寄せられたりするのです。

ホコリを溜めないおすすめの方法①家具はフラットに配置

ホコリはすき間や段差、凹凸がある場所に集まります。さらに、そういった場所は掃除がしにくく、ホコリがたまりやすくなるのです。そのため、家具はできるだけ全面を揃えてフラットに配置し、ホコリがたまりやすい場所を作らないようにするのがおすすめです。また、家具の上に雑貨などの物を置かないようにしましょう。そうすることでホコリがたまりにくくなるだけではなく、サッと一拭きするだけで簡単に掃除ができるので、手間が省けますよ。

ホコリを溜めないおすすめの方法②換気をする

ホコリの多くは布製品や紙製品のくずなど、家の中で発生するものです。窓を閉め切った環境では空気の流れが滞りやすく、家の中にホコリがたまりがちに。そこで、天気や風の流れを見ながらこまめに換気をするのがおすすめです。窓を開けられない日でも、定期的に給気口と排気口のフィルター掃除をして空気の流れを良くしておけば、空気の流れとともにホコリが排出されます。

ホコリを溜めないおすすめの方法③ホコリの元を減らす

ホコリの発生源となる布製品や紙製品を減らすと、ホコリがたまりにくくなります。部屋の模様替えを予定している場合はソファをレザーのものに変えたり、カーペットをブラインドに変えたりするとホコリの発生源が減るのでおすすめです。また、ぬいぐるみを出したままにせず収納するとホコリが発生しにくく、洗濯する手間が省けます。布団やタオル、衣類、本や新聞など、私たちの日常生活に密着したものは、扉付きの収納に入れてホコリの発生を防ぎましょう。

ホコリを溜めないおすすめの方法④外から持ち込まない

外から家の中に持ち込まれるホコリは砂埃や花粉などが含まれます。これらは衣類に付着していることが多いため、帰宅したら家に入る前に上着や帽子などをはたきましょう。また、エチケットブラシを使えば、ホコリの発生防止と衣類の手入れが同時にできますよ。綿などの静電気が発生しにくい衣類を選ぶことや、衣類用の静電気防止スプレーを使用して衣類にホコリを寄せ付けないようにするのもおすすめです。

ホコリをためないで気持ちよく過ごそう

汚れやアレルギーの原因となるホコリは、たまってから掃除をするよりためない工夫をする方が簡単です。仕事や家事、育児で毎日忙しくても、手軽な方法でホコリをためない家作りができるので、ぜひ取り入れてみてくださいね。ホコリをためない環境作りで、楽してきれいな家を手に入れましょう。きっと気持ち良く毎日が過ごせますよ。