台所掃除は毎日コツコツと!簡単な汚れの落とし方を紹介します

みなさんは、台所掃除を毎日していますか?ガスコンロ周りにベトベトした油汚れがこびりついていたり、シンク内に白くなった水垢が付いていたりしませんか?台所の頑固な汚れはなかなかきれいに落とすことができず、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。掃除を怠っていると、しつこい汚れがどんどん蓄積されてしまうので、毎日こまめに掃除することがとても大切です。ここでは、簡単な台所掃除の仕方や、便利な掃除道具を紹介します。いつでもピカピカで、清潔な台所にしましょう。

毎日できる簡単な台所のケア方法

台所をキレイな状態に保つには、こまめな掃除が必要不可欠です。シンクについては、1日の終わりに掃除用のスポンジなどに食器用洗剤をつけて洗い、その流れで排水口の掃除を行うようにしましょう。洗い流したら、最後に忘れず水を拭き取ることが大事です。ガスコンロ周りは、使用したらすぐに水拭きする習慣をつけましょう。できるだけ早めに対処すれば、汚れのしつこいこびり付きを防ぐことができます。毎日のちょっとした積み重ねが、掃除の時短にもつながるのです。

汚れを落とすおすすめの道具

台所掃除の基本アイテムはスポンジと洗剤ですが、汚れの種類によっては十分に落としきることができないこともあります。汚れを効率よく落とすには、それぞれの汚れの成分や特徴を理解し、性質に合った掃除道具を使用することがポイント。上手に掃除道具を活用して、台所掃除を簡単に終わらせましょう!

重曹は油汚れ・臭いにも効果があり使えるアイテム

台所の汚れの中でも、特に掃除方法に困るのが油汚れ。コンロ周りはもちろん、壁や床など広範囲にベトベトになってしまい、なかなかキレイに落とすことができないので大変ですよね。だからと言って、油汚れを放置してしまうと、油の上にホコリが付着して、更に落としにくい状態に。そんな油汚れの強い味方になってくれるのが「重曹」です。重曹は弱アルカリ性なので、酸性の汚れを中和する効果があります。油汚れは酸性なので、重曹を使用することでスッキリ落とすことが可能というわけです。また、「重曹」は消臭にも効果が期待できます。粉のまま振りかけるだけなので、排水溝掃除にぴったり。しばらく置いたら水で流すだけでOKなので、手を汚すことなく気軽にキレイを保つことができますよ。

ガスコンロのこびりついた油汚れの落とし方

ガスコンロは使用頻度が高い上に、油や水、調味料などが飛び散るのでどうしても汚れがちになります。気が付いたらすぐに汚れを落とすことが重要です。まず五徳などの取り外せるパーツは外し、コンロの表面を柔らかいスポンジやブラシで磨きましょう。重曹を水で薄めた「重曹スプレー」があると、油汚れを効果的に落とすことができて便利です。重曹小さじ1に対して水100mlで薄め、スプレーボトルに入れるだけです。五徳などのパーツは、沸騰させた重曹水でつけ置きがおすすめ。重曹大さじ1に対して水500mlの割合で薄め、鍋で沸騰させます。シンクの排水口に栓をして、五徳が浸かるように重曹水を流し込み、しばらくつけ置きしましょう。これだけで、こびり付いた頑固な油汚れをいっぺんにキレイに落とすことができます。

排水口のベトベト汚れの掃除の仕方

排水口は水垢、雑菌などでヌメリが付着しやすく、ひどくなると悪臭も漂います。汚れた排水口掃除に役立つのが、重曹とクエン酸です。まず排水口の大きな汚れを取り除き、重曹をふりかけます。上から食器用の中性洗剤を回しかけ、ブラシなどでこすり洗いしましょう。目に見える汚れがキレイになったら、再度重曹をふりかけて、その上にクエン酸をふりかけます。ぬるま湯を少しずつ流すと発泡し始めるので、そのまま30分程度放置しましょう。最後に水で流せば、汚れも臭いもすっきり解消しているはず。排水口同様にヌメリや悪臭が発生しやすい三角コーナーも、重曹+クエン酸を使用した掃除がおすすめです。

ひどい汚れの時には台所掃除業者にお願いしましょう

長い時間をかけて蓄積された汚れは、自力では落とすのが難しくなってしまうこともあります。長期間掃除をしていなかった、様々な方法を試したけど汚れが落ちないという場合には、プロの台所クリーニングサービスを利用するのがおすすめです。専用の基剤や道具を使用して、徹底的に汚れを落としてくれます。数年に一度、プロにクリーニングをお願いするのを習慣化するのもいいかもしれませんね。

毎日少しずつでも掃除をして台所をキレイに保とう

台所掃除は、早めの対策が肝心。汚れを見つけたらサッと拭き取る習慣をつけて、定期的に重曹やクエン酸を使用した掃除を心がけましょう。キレイな台所がキープできれば、毎日の料理の時間がより快適で楽しい時間に変わるかもしれません。