窓周りの紫外線対策で、肌や家具の日焼けを防ぐ!

Author : 早樹
日差しあふれるリビングでくつろぐひととき……は素敵ですが、紫外線は家の中にいても浴びています。肌だけでなく、日差しが当たるところの家具や床もダメージを受けているのです。窓周りの紫外線対策方法をまとめました。

紫外線の多くは窓ガラスを通過!

地表に届く紫外線の9割以上を占める「UVA」は波長が長く、通常の窓ガラスを通過してしまいます。UVAを浴び続けていると肌が老化し、シミやしわ、たるみの原因に。また、見過ごしがちですが、紫外線はインテリアにも影響を与えています。

フローリングや畳なら、窓のそばの日光がよく当たる面は、色あせていきます。日差しを浴びることが多い場所に置かれている家具は、乾燥して艶がなくなったり、表面が傷つきやすくなったりも。

UV効果のあるレースカーテンをかける

窓には、レースカーテンとドレープカーテンを二重で付けているお宅は多いでしょう。このレースカーテンをUV効果の高いものにし、日中でもレースカーテンを閉めておけば、かなりの紫外線を防げます。紫外線カット率が高いものほど透け感は少なくなります。

UVカットフィルムを貼る

カーテンをかけると、どうしても室内は少し暗くなります。できるだけ日差しを入れたいという場合には、UVカットフィルムを貼るのも1つの方法です。商品によっては、貼ってはがせるタイプのものも。

フィルムのサイズは小さいですが、100円ショップによっては置いてあります。100均のUVカットフィルムを小窓に貼ってまずは試してみて、それから大きな窓用のフィルムを検討するのも良いと思います。

UVカットスプレーを窓に吹きかける

窓にUVカットスプレーを吹きかける方法も。カーテンを取り換えたり、フィルムを貼ったりするより手軽で、凸凹があってUVカットフィルムが貼れないタイプのガラスにも対策できます。窓の内側からスプレーを吹きかけ、また日焼け止めを塗り直すのと同じに、定期的に吹きかけ直しましょう。使用方法は、各商品の説明書をよく読んでください。

ただ、日差しが当たることによるインテリアの劣化は避けられません。ダメージを最小限にしたいお気に入りの家具は、窓の近くには置かないほうが良いでしょう。また、家の中で過ごす日も、日焼け止めを塗って肌のダメージを防ぐことをお忘れなく。