面倒な窓拭きや網戸掃除は、
梅雨の時期にするほうが時短&節約になる!

大掃除の必須項目といえば、窓ふきと網戸の掃除。実は、じめじめしている梅雨の時期は、窓や網戸の掃除をするにはぴったりなんです。水の冷たい年末よりもお勧めです!

湿気の多い時期の窓・網戸掃除はラク

窓掃除ってどのくらいの頻度でやっていますか?我が家は、窓のガラスや窓の棧の汚れが気になり出したら、時々拭く程度。家全体の網戸、窓を掃除するのは年末の大掃除だけでした。

でも、寒い時期の、窓・網戸掃除は本当につらいもの。乾燥しているので、なかなか汚れは落ちないし、乾きづらいので掃除に時間がかかってしまいます。ところが、夏の暑い盛りに子供が水遊びをしている横で、何気に網戸を洗ったら、子供も手伝ってくれるし、すぐに乾くし、いいことばかり!加えて、梅雨の時期ならすでに網戸や窓は水分を含んでいるので、水をジャージャーかけることなく、ささっと掃除することも可能です。

小雨の日に新聞紙でパパッと窓ふき

窓掃除用のスプレーなども市販されていますが、手軽な窓掃除グッズといえば、何といっても新聞紙でしょう。

窓の汚れは、外側は泥や埃、内側はほこりや手垢、キッチン近くなら油はねなどさまざまです。それを雑巾で拭き上げても、拭いた跡が残ってしまい、なかなかきれいになりません。ところがくしゃくしゃにした新聞紙なら、水分を吸い取ってくれるし、新聞紙のインクが油汚れも分解、捨てる古新聞なのでお金もかかりません。

晴れた日に新聞を使って掃除をする時は、最初に少し緩めに絞った雑巾で窓を拭く必要があります。そのため、前日に雨が降った日や小雨の日がお勧め。窓がそこそこ濡れている状態を利用して、お掃除スタート。汚れが落ちたら、乾いたくしゃくしゃ古新聞で仕上げるだけです。この方法なら雑巾を固く絞る必要もないので、小さな子供にもお手伝いしてもらえると思います。

雨で網戸が濡れているので、汚れが落ちやすい

梅雨の時期が終わると、窓を開け放つことも多くなります。2月から5月にかけてのスギ花粉やひのき花粉、黄砂などで想像以上に網戸は汚れているはず。できれば、それまでに残った花粉や土埃などをすっきり落としておきましょう。

まずは、乾いた雑巾や古いタオルを使って、上から下に軽く拭きます。網戸はあまり力を入れると壊れてしまう可能性もあるので、ホコリをはがすようなイメージで。次は緩めに絞った雑巾で、内側と外側を水拭きします。最後に防水スプレーがあれば、内側から外側に向けてシュッ!実は汚れ防止に効果を発揮してくれるので、ぜひお試しください。

晴れた日や寒い冬に掃除をするより、じめじめしたこの時期に掃除をするほうが時短&節約になります。家全体の窓・網戸掃除を梅雨の時期に終わらせるつもりで、少しずつ始めてみてはいかがでしょうか。