何だか臭う!?
お手軽消臭方法で、さわやかな玄関に

Author : 早樹
ただでさえ臭いがこもりがちの玄関。特に夏場は汗をかいた靴からの臭いが強くなります。よそのお宅へ行ったときに玄関が臭っていると気になるように、来客が不快な思いをしていないかも気になるところ。手軽にできる消臭方法をいくつかご紹介します。

使用済みコーヒー粉や重曹を消臭剤として置く

玄関の臭い消しといっても、実は身近なものがじゅうぶんに役立ちます。抽出し終わったコーヒーの粉もその1つ。捨ててしまうのではなく、消臭剤として活用しましょう。

まずコーヒー粉を乾燥させます。夏のギラギラした日差しなら天日干しもそれほど時間はかからないでしょうし、電子レンジで乾燥させてもOKです。
それを市販のお茶パックなどに入れて、玄関のクローゼット内などに置きます。

なお、乾燥させても食品ですから、湿気てくるとカビが生えてしまうことも。頻繁にコーヒーを飲む方なら、定期的に作っておいて交換しましょう。

あまりコーヒーは飲まないという場合は、重曹をお茶パックなどに入れて置いても、消臭剤になります。湿気てきたら消臭効果は弱まりますので、さわってみてサラサラ感がなくなっていたら、交換のサイン。消臭に使ったあとの重曹は、無駄なく掃除に利用できます。

靴に消臭スプレーを使う

夏場、外から帰って脱いだ靴の臭いは相当なもの。そのままシューズボックスにしまえば、ボックスの中に臭いが充満し、また湿度も高くなってしまいます。

靴用の消臭スプレーを玄関に常備して、靴を履く前や、帰宅して靴を脱いだ後に、シュッと吹きかければかなり臭いを抑えられるでしょう。雑菌やカビの繁殖を防ぐ効果を配合した製品もあります。

新聞紙を敷く

新聞をとっているお宅なら、新聞紙の二次利用を。新聞紙には湿気や臭いを吸い取る効果があるので、シューズボックスの棚板に敷けば、それだけで消臭対策になります。湿気を吸った感じがしてきたら、適宜、交換しましょう。

除湿剤や炭を置く

我が家はシューズボックスの中に100均の除湿剤をいくつか置いています。除湿剤の中に水がたまっている様子を見ると、やはり湿気りやすいのだと実感。コーヒー粉や重曹などを置いておいても、除湿剤も併用したほうが良いと感じています。

炭を置くのも良いでしょう。100均でタンスや押し入れ用として竹炭が売られています。

消臭対策をしても、夏場は臭いがどうしても出てしまうことはあります。急な来客などでとにかく早く玄関の臭いを消したいときには、スプレータイプの消臭芳香剤を空中に吹きかけるのも1つの方法です。