100円グッズで面倒な水筒洗いがラクラクに!水筒の選び方もポイント

熱中症対策として、水分補給用の水筒を持ち歩くのが一般的になりました。衛生面が気になる季節柄、毎日きちんと洗って清潔にしたいものですが、特に保冷機能に優れた水筒はふたの部分の形状が複雑で洗いにくいのが難点。この記事では、水筒を洗いやすくする100円ショップのグッズや、水筒を選ぶ際のポイントなどをお伝えします。

水筒洗いの基本はコレ!1本は常備したい、柄付きスポンジ

本体内部に手が入らないスリムな水筒の洗い方、どうしていますか?私は水筒にスポンジを突っ込み、菜箸でぐいぐい押しつけながら洗っていたこともありましたが、やはり専用グッズに勝るものはありません。

100円ショップのセリアをのぞくと、水筒を洗うための柄付きスポンジがよりどりみどり。デザインもシンプルなものからカワイイ系、白黒のシックなものまで色々で目移りしてしまいます。スポンジの大きさは水筒の一番細い部分を通せそうなもので、さらに柄部分はしなると力をかけて底まで洗いやすそうです。スポンジの素材も、柔らかめなものからメラミンスポンジまでさまざまなので、洗う水筒の素材を考えて選ぶとよいでしょう。

細かい部分はおまかせ!ミニブラシ

セリアでは、細かい部分を洗うのに適したグッズも豊富に並んでいました。水筒のふたの細かい凸凹は、毎日とはいかずとも定期的にこういったツールでキレイにしておくと安心です。水筒以外にも、お弁当箱や保存容器のふたの溝などにも使えて、使い古したら掃除でも活躍してくれそう。これも柄付きスポンジと同様、常備しておくと便利なアイテムです。

水筒を新調するときは、お手入れのしやすさも考慮したい

便利なグッズを駆使すれば洗いやすさはアップしますが、洗うのに手間がかかったり、面倒に感じたりする点は変わりません。水筒選びでは機能や容量、デザインに加え、洗いやすさを重視するのもポイントです。

たとえば、我が家にある飲み口がワンタッチオープンできる水筒。ふたを開けて飲む動作が片手で済むのに魅力を感じて購入したものの、ふた部分をキレイにしようと分解すると部品2つにパッキンが3つも……使うたびに洗うのが面倒になり、「ちょっとした外出時に気軽に持って行く」という本来の目的どおりに使えなくなってしまいました。結局、もう少しお手入れがラクそうな、ふたがスクリュータイプの携帯マグを追加購入することに。

スクリュータイプのマグボトルは、飲むときにいちいちふたをひねって開けるのが手間だし、口が大きく開く分こぼす危険性もアップします。ただ、ふた部分のパーツはふた本体とパッキンだけなので洗うのは断然ラクです。300ml程度と小さめなので長時間の外出時は500ml入るワンタッチオープンの水筒を出しますが、半日程度の外出ではスクリュータイプの出番が多いです。

使いやすさとお手入れのしやすさ、どちらを取るかは人それぞれ。水筒洗いの便利グッズや選び方のポイントを押さえて、毎日の水筒ライフを清潔に、より快適に送りたいですね!