【100均】ザルを使わずスピーディに水切り!
板状の「ポットドレイナー」

水切りは、手早く上手にしたいもの。でも、ザルを使うと場所を取るし、かさばる洗い物が増えますね。ダイソーで見つけた「ポットドレイナー」は、鍋やボウルに添えるだけの水切り板。スピーディに水切りできます。

ポットドレイナー(湯切り・水切り板)とは?

麺をゆでる、野菜を洗う、お米を研ぐ……その後の湯切り・水切りは、手早く上手にしたいですね。でも、それぞれに合ったザルを出してきたり、置く場所を開けたりするのも手間が掛かり、そのザル自体がかさばる洗い物になってしまいます。

ダイソーで見つけた「ポットドレイナー」は、ラケットを縦半分にしたような形の板。直径26cmまでの鍋やフライパン、ボウルに両手や片手で添えるだけで、スピーディに水切りできるとのこと。使い心地はどんなものか、我が家の鍋やフライパンなどで試してみました。

両手鍋では、取っ手の位置とすき間を確認

まず、フチまで直径23cmの両手鍋で試しました。

この鍋は取っ手の端が鍋のフチより若干低い位置にあるので、平らに押さえることができました。鍋のズレを防ぐ突起が3方向に付いており、水切りもスムーズですが、中身の重さや水の勢いでズレてしまわないよう気を付けながら押さえます。

パッケージの写真にある両手鍋は取っ手が鍋フチより高い位置にあるため、湾曲させて沿わせているよう。取っ手の位置によっては、鍋フチとの間にすき間ができないか、注意が必要そうです。

フライパンや片手鍋は、鍋とポットドレイナーを別々に持つ!

次は直径26cmのフライパンで試しました。ハンドル部分は7cmほどあり、「片手鍋やフライパンで使いやすい長めのハンドル」とのこと。

こちらは、パッケージの写真にもあった片手鍋での使い方どおりに、フライパンとポットドレイナーを別々に持って添えた状態です。片手で持つため、ズレてしまわないようにしっかり押し付けます。でも26cmではちょっとギリギリですね。これより小さい鍋は、もっとラクに湯切り・水切りできます。

一方こちらは、重ねて片手で一緒に持ってみたところです。フライパン本体近くの取っ手部分が熱くなっている場合は、このハンドルの長さではヤケドするかも。耐熱は120度で、それ以下なら鍋つかみで取っ手のほうをしっかり握り、先端のほうをもう片方の手で押し付ければ大丈夫かもしれませんが、くれぐれもヤケドにはご注意ください。取っ手にカーブがあって不安定なら、この持ち方は避けたほうが良さそうです。

お米研ぎに使うときは、ゆっくり静かに

我が家の炊飯器の内釜はお米研ぎOK。さっそくポットドレイナーを使ってみました。最初、便利さに喜び、つい大きく傾け、勢い良く流したら……まだ水を吸っていない小さなお米が数粒脱走!それからは、ゆっくり静かに水切りしています。にごり水が良く切れる分、すすぐ回数が少なくて済みます。

ボウルでの水切りなどにも活躍!

いろいろ使ってみて重宝しているのが、ちょっとしたボウルでの水切り。こんなふうに、小さなボウルでミニトマトなどを洗い、ポットドレイナーを当ててザッと水を捨て、そのままパッパと振ればさらに良く水が切れます。

ザルをわざわざ出さなくても、さっと取り出せ、手早く使ったあとは洗うのも収納するのも簡単なポットドレイナー。水切り以外も、すべてスピーディ!1つあると便利ですよ。