【100均】排水口パイプを直接こする!パイプクリーナーがおすすめ

流し台の排水口パイプ掃除は面倒ですね!この100均・ダイソーの「パイプクリーナー」は、排水口から直接入れてこすることができるロングブラシ。これ一本で、どんなふうにキレイになるかを実際に試してみました。

流し台の排水口パイプを、直接掃除できるこの形状!

面倒で、つい後回しにしてしまいがちなのが、流し台の排水口パイプ掃除。今日こそはと意を決してゴミ受けかごをはずし、液体クリーナーを流し入れてみるものの、うまく届かなかったり、期待するほどキレイになっていなかったりしてイライラ!錠剤クリーナーも買ってみましたが、我が家の場合ただ落ちていくだけで困っていました。

「汚れを直接こすってしまいたい!」と思っていたら、100均・ダイソーでこの「パイプクリーナー」を発見! 50cmほどのまっすぐなスチールワイヤーに持ち手と円柱状のブラシが付き、まさにこういうものがあればとの願いが形になったロングブラシです。

実際に排水口パイプを掃除してみます!

我が家は典型的なマンションタイプのシステムキッチンの流し台です。では、いよいよお掃除!

排水口パイプの穴の直径より、ほんの少しパイプクリーナーのブラシの直径が大きく、静かに入れ込んでいくだけで、ちょうど内側が掃除できていく感じです。うっかり手を離しても、落ちていかずそのまま止まっているのも安心。

入りにくいことはなく、ゆっくり回すことができるので、気になる部分をじっくり掃除することができます。また、スカスカでもないので、あっち側も、こっち側もと無理に動かす必要がありません。

普通なら届かないところ、見えないところの掃除になりますが、スチールワイヤーがしっかりしているので力が伝わり、思ったとおりに操作できます。

スチールワイヤーで排水口パイプを傷つけたり、突き抜けたりしないように気を付けながら、ゆっくり静かに突き当たりまで入れてみると、ちょうど持ち手の輪が排水口から出る状態に。50cmほどの長さというのは、一般的な排水口を掃除するのにちょうど良い長さのようです。

ビフォー・アフターはこのとおり♪

そして、水を流しながら、全体的にゆっくり静かに掃除。ときどきはずしてブラシを洗い、懐中電灯で排水口パイプの中を確認し、気になる場所があれば、その位置でグルッと回します。

写真の左が掃除前の状態で、右が掃除後。水だけでここまでピカピカに!汚れに直接届き、放置時間もいらずに取り除けるのがロングブラシのうれしいところ。たった数分でキレイになり、かなりの時短になりました!

ただ、排水口パイプの曲がった先は残念ながら届きません。仕上げに消臭・詰まり予防を兼ねて液体クリーナーなどを投入・洗浄しておくと、さらにスッキリできそうです。