アイロンかけを時短するならアイロン台よりアイロンマット!

「好きな家事」のランキングがあっても、なかなか上位に入ることは少ない「アイロンかけ」。暑い、熱い、準備や片付けが面倒……重くてかさばるアイロン台を出し入れする手間も、確実にデメリットのひとつではないでしょうか。そこで、その負担を大幅削減できる「アイロンマット」を試してみました!

表面がアルミ加工された、アイロンかけ専用マット

今回購入したのは、山崎実業「アイロンマットアルミ」。Amazonで787円(税込)というお手軽価格でした。
ほかにも、シート状のものを巻いて収納するタイプや、折りたたんだときに端を留められるマジックテープ付きのタイプなどがありましたが、いちばんシンプルな形で、価格的にも底値だったものを選びました。

広げた大きさは72cm×48cm。表面が綿100%にアルミコーティングを施したもので、裏面はご覧のようなウレタン製となっています。触ってみた感じ、ウレタンの柔らかい厚みがあるので、アイロンの熱がかかることへの不安感も特にありません。

アイロンかけがテーブルの上で素早く済ませられる!

このサイズなら、アイロンをかけるときに、テーブルの上にさっと広げて作業ができます。
かと言って、簡単さを重視して作業面が狭いといったこともなく、大判のハンカチで写真のようなサイズ感。ワイシャツサイズでも十分に使えます。

アイロンのスチームを使う場合は、裏側のウレタン面に蒸気が逃げていって、マットをめくってみたときに多少テーブルに水滴が付いていました。ただ、めくって数秒で蒸気の水分が自然に消える程度です。もしビニール系のテーブルクロスを使っている場合や、ガラステーブル、うるし塗りの和卓などの場合は、避けたほうがよさそうです。
また、フローリングや畳・じゅうたんの上で使う場合は、マットの下にバスタオルや古い毛布を敷くよう注意書きがありました。

アイロン台より断然コンパクト&片付けも簡単♪

もともと我が家で使っていたアイロン台は、折り畳み式の脚が付いたトルソー型のもの。クローゼットから出してくるのがまず面倒でしたが、アイロンマットなら、アイロン本体とセットで置いておけるので、かなり心理的にラクな気がします。

いちいち正座して作業していたのが、テーブルの上でササッと済ませられるようになった点も高評価です!

収納スペースも、ご覧のようにずいぶん違います。アイロン台だと36㎝×87㎝も場所を取っていたのが、アイロンマットを縦3つ折り・横4つ折りで畳むと、なんと19cm×19cmで済んでしまいました。このコンパクトさはとても便利です♪

<まとめ>
シーツなど大判のものでも快適に作業ができて、少しアイロンがけが楽しくなりました。テーブルが比較的広いので、むしろアイロン台より使いやすかったかもしれません。
これからはもう少し気軽にアイロンをかけてもいいな、と思えたのは大きな収穫でした!