日々のホコリ・汚れはその場で退治!
「ちょい置きグッズ」のススメ

掃除をしても、すぐまた溜まるホコリや汚れ。キリのなさに心が折れそうになりますよね。でも、目に付いたときにサッとキレイにできれば、気持ちも上向きに♪手の届きやすいところにさり気なく常備して使える、100均掃除グッズが役立ちますよ。

自立タイプのコロコロ&モップをこっそりスタンバイ

我が家のリビングは、フローリングとカーペット敷きのエリアがつながっているスタイル。しっかり掃除をするときは全面に掃除機をかけます。ですがお掃除ロボットでもコードレスでもないので、そもそも掃除機を出してきて準備するのが第一の難関です(苦笑)。

その場しのぎでもいいから、目立ったゴミだけパッと掃除したい!そんなとき用に、「ハンディコロコロ」と「ホコリ吸着モップ」をテレビの裏側に忍ばせています。
これなら、テレビを見ながら足元のカーペットをコロコロしたり、棚のホコリをモップでひとなでしたりする手間が苦になりません。

それぞれに自立するアイテムなので目立たず置いておけるし、必要な時には片手ですぐ使えるのがストレスフリーでいいですよ。

飾り棚のエンドレスほこりを払うのにお薦めのブラシ

こまごました飾りものを並べているコーナーは、掃除も大変!せっかく飾っているのにホコリで汚れていたら台無しですが、掃除機をかけたら吸い込んでしまいそうだし、一つずつ拭いて並べ直すのもかなり面倒です。

ホコリ吸着モップをかけるにしても、ミニチュアボトルの場合は気を付けないと将棋倒しになってしまいます。ここの掃除に重宝しているのが、画面右手前の小さなブラシ。実は100均のコスメコーナーで売られている、チーク用の化粧ブラシです。

繊細な毛並みが、ちまちました細かい作業にベストマッチ。しかもこのサイズなら、普段は見えないように後ろのほう(画面右奥あたり)に置いておけるので、片付けも不要なのです。

フローリング用お掃除シートをウェットティッシュ感覚で

フローリングの床をフルに掃除する場合は、掃除機をかけた上で、ウェットタイプのフローリングシートをモップ式の柄に付けて水拭きします。

そこまで時間がとれないときや、部屋の隅にちょっとゴミが溜まっているのが気になったときは、フローリングシートだけを使って「ちょい拭き」。手間なくサッパリしてお薦めです。

広い床全体を拭くなら長い柄にセットするのが便利ですが、ちょい拭き程度であればシートをそのまま手に持って、雑巾のように使ったほうが断然効率的。素手だと多少のゴミはシートで包み込んで集めることもでき、小回りがききます。

あちこち拭きまわって、最後は捨てるだけで終了!雑巾をすすいで干す手間や、水道代までセーブできてお得です。

小さくまとまる掃除グッズが「ちょい置き」に最適

ちょい置き掃除には、目立たず置いておけるアイテムが向いています。
写真のピンクのモップは、たっぷりした毛並がホコリを吸着してくれますが、セットになっているコップ型のケースに押し込めば驚くほどコンパクトに。
白いモップはワンタッチで柄が伸縮するので、使わないときは小さくしまえます。

掃除用具の出し入れや後片付けの手間は、時間的にも気持ち的にも意外とネックになるもの。ちょっとした工夫で負担を減らして、日々快適に過ごしましょう♪