洗い物だけではもったいない!キッチンスクレーパーの意外な活用術

こんにちは!掃除研究家・お掃除ライターのおそうじペコです。暮らしを豊かにするお掃除の楽しさを伝える活動をしています。

鍋やお皿についた汚れをサッと落とすキッチン用「スクレーパー」はスポンジの汚れ防止や食器洗いに役立つ便利グッズです。実はヘラのような形状を活かせば、キッチン掃除の時短につなげることもできます。今回はキッチンで活躍するスクレーパーの意外な使い方をご紹介します。

サッと使えるのがポイント!掃除にもオススメ、スクレーパー

色やデザインも各メーカーによって様々ありますが、食器の汚れ落としだけでなく掃除に使えるスクレーパーを選ぶポイントをまとめました。

1.ひっかけられる

気づいたらすぐに使える場所に設置すると便利です。フックや穴の開いたタイプならシンクの周囲にひっかけておけるので手に取りやすいです。

2.平らな形状が掃きやすい

食器や鍋底に沿うよう丸い形状のものが多いのですが、掃除用にはなるべくヘラが平らで面に接しやすいタイプの方が扱いやすいです。

3.柔らかい素材

固い素材よりも、シリコンゴムのような柔らかい素材の方が調理台やシンクに傷がつきにくく、曲がりやすいので狭い場所にも使用できます。

スクレーパー3つの活用方法

食器洗い以外にも活用できるスクレーパーの使用方法です。主に水気対策に活躍します。

1.調理台の掃除の時短に

野菜くずや水気が残った作業後の調理台は、フキンで拭くと何度も洗わなければなりません。

スクレーパーで水気とゴミを集めて、サッとシンクに向かって掃き出せば簡単です。
他にも調味料など色のついた液体をこぼした時も、フキンを汚さずに綺麗にできます。
※砂などの固い汚れがある場合は、調理台に傷がつくことがあるので使用しないでください。

水気やゴミがなくなっているので、エタノールや洗剤が薄まることなく調理台のお手入れができます。フキンで調理台を清潔に拭いて仕上げます。

2.気になる水栓周りの水たまり対策に

食器洗いをした後の水栓周りは水たまりができます。フキンを使って水気を拭くと、何度も絞らなければなりません。

スクレーパーでおおまかな水を掃き出してから、仕上げにフキンで拭き取ればストレスなくすぐに水気がなくなります。

3.シンクの水垢防止に

洗った後のシンクは水滴だらけです。このままにしておくと水垢の原因になってしまいます。季節によっては水滴による湿気も気になります。

スクレーパーを使って水滴を排水口に向かって掃けば、数秒で水気がなくなります。

余裕があれば、乾いたフキンで仕上げ拭きしておきましょう。翌朝は綺麗なシンクで1日をスタートさせることができます。

お手入れ方法と注意点

使用しているうちに、スクレーパーに黒ずんだ汚れがついてしまうことがあります。そのまま調理台などに使用すると汚れが付着してしまいます。食器洗い用洗剤で洗うなど、お手入れを小まめにするようにしましょう。

ご紹介したのはスクレーパーの掃除用の使い方です。食器洗い用とは個別に使い分けるようにしてください。

まとめ

吸水するのではなく、さっと水気を掃く感覚はサッパリしてとても気持ち良いものです。
効率的に水気を減らすことは、湿気も減るのでカビなどの細菌発生予防にもつながります。また、水に触れる時間が減るので手荒れ防止にもなります。これからの季節、是非フキン代わりにスクレーパーを活用してみてください。