【100均】セリアのボトルハンギングフックを使ってみた!

シャンプーなどバスタイムに使うボトル類は、浴室に置いておくとあっという間にカビの温床になってしまいます。そこで、100円ショップのセリアで人気だという「ステンレスボトルハンギングフック」を使って、浮かせる収納をしてみることにしました。

セリアの「ステンレスボトルハンギングフック」とは?

浴室で使うボトルの口(ネジ部分)に取り付けると、タオルハンガーなどのバーに引っ掛けられるようになる金具「ステンレスボトルハンギングフック」。SNSなどで話題となり、売り切れになる店舗も続出と聞いていましたが、そろそろ品薄状態も落ち着いたかなと近くのセリアに足を運んでみました。

ですが、やはり品切れ!店員さんに聞いてみたところ、在庫状況により100%の確約はできないけれど、入荷後のお取り置きはできるということだったので、予約させてもらうことにしました。どうしても欲しい方は、臆せず相談してみると良いですね。私の場合はタイミングが良かったのか、1週間も立たずに入荷の連絡が入り、無事4つゲットすることができました!

何を吊るせる?どこに吊るす?

我が家の浴室にあるボトルは4つ。シャンプー、コンディショナー、ボディーソープ、フェイスソープです。これらを吊るしたいと思ってハンギングフックを購入したのですが、実は引っ掛けるバーが浴室内にはありません。マグネット式のタオルハンガーが家にあったので試してみましたが、それではボトルの重さに負けて落下してしまうことが分かりました。

そこで突っ張り棒の登場です!ちょうどダイソーで購入した突っ張り棒が家にあり、浴室にもぴったりの長さだったので、それを使うことに。そして突っ張り棒の両端には落下防止用として、同じく100均の耐震マットをカットして噛ませました。

では早速ボトルに装着!と思ったのですが、ここでちょっとした落とし穴が。シャンプーとコンディショナーのボトルは口径がぴったりだったのですが、ボディーソープのボトルの口径は小さすぎ、フェイスソープの口径は大きすぎで、ハンギングフックを使うことができませんでした……!この2つは詰め替えボトルを新調しなくてはいけませんね。

でも、とりあえずヘアケア用のボトル2本だけ、無事に突っ張り棒に吊るすことができました。

どうやって使うのがいい?

私だけかも知れないのですが、最初はポールに吊るしたままポンプノズルをプッシュできるのかなと思い込んでいました。でも、それだと壁にボトルを押し付けるか、もう片方の手でボトルの底を支えるようにしないと上手く液体が出てこず、かえって手こずります。しかも力加減によっては、突っ張り棒も落下してしまいそう。

なので、単純に収納場所として「使い終わったら吊るす」を習慣化すると良いですね。うちの家族は横着者の集まりなので、ハンギングフックと突っ張り棒をちゃんと有効活用できるよう、今後は家族への普及啓蒙に励みたいと思います。

セリアではバスグッズコーナーに置いてありますが、浴室だけでなく、キッチンやガーデニング、掃除用具の収納など、アイデア次第でさまざまな使い道ができそうなステンレスボトルハンギングフック。まだ品薄の店舗もあるかもしれませんが、気になった方はチェックしてみてくださいね。