新品タオルの「毛羽落ち」を
速攻で解決する対処法

新品のタオルはふわふわして気持ちいい反面、使い始めは吸水が今イチだったり、ホコリのような細かい糸くず(毛羽)に悩みますよね?思わず頬ずりしたくなる、新品タオルの心地よさ。でも、ふわふわの誘惑に負けてそのまま使ってしまうと、顔にも手にも細かな糸くずがまとわりついて大変なことに!
せっかくの新品タオルが一転してストレスの原因にならないよう、初期のケアはしっかり行うのが得策です。ストレスフルな「毛羽落ち」を落ち着かせるポイントは、意外と素朴な方法でしたのでご紹介していきます。

対策はタオルのみを、たっぷりの水ですすぎ洗い

新品のタオルはまず一度洗濯して、水通しをしてから使うのが鉄則。洗剤は不要なので、たっぷりの水ですすぎましょう。くず取りネットを使って、一度落ちた毛羽がタオルに戻らないようにするとベストです。

いったん洗って干すことで、売場や、化粧箱の中にあったときのホコリが取り除けるだけでなく、綿糸の組織が締まって毛羽落ちしにくくなります。出荷時に商品の保護や見栄えのために加工してある柔軟成分も洗い流せるので、吸水率もよくなりますよ。

新品タオルに柔軟剤は不要

新品タオルの心地よさを長もちさせようと、洗濯のたびに柔軟剤をこまめに使いたくなりがちですが、実は新しいタオルには柔軟剤は必須ではありません。

タオルを使って洗濯を繰り返していくうち、綿の繊維はだんだん硬くなるので、柔軟剤でケアして手ざわりを復活させることになります。でも、まだ繊維が新しい新品のうちは、その自然なやわらかさを楽しみましょう。

そもそも柔軟剤は繊維そのものをやわらかくするわけではなく、すべすべ感のあるコーティングを施して手ざわりをよくするもの。すべすべ成分が繊維に付くことで、糸が抜けやすくなり、毛羽が増える原因にもなってしまいます。

干す前によくはたくと、毛羽が落ちてふわふわも復活♪

タオルから出た糸くず・ホコリ・毛羽は落としてしまうほかないので、洗い上がったら、しっかりはたいてから干すことが大切です。

タオルの長いほうの両端を持ち、水分やホコリを飛ばす勢いで振り下ろします。「パン!パン!」と小気味よい音がするくらいに思い切りはたきましょう。

タオルの質によっては、実際に毛羽が宙に舞うのが見えるかもしれません。タオルがやせてしまう……と心配にもなりますが、いずれ出るホコリなら、タオルに付いたままにしておいてもいいことはありませんよね。

しっかりはたくことで、ループ状に並んでいるタオルの繊維がしっかり立って、ふわふわ感が復活するので、生地がやせる感じはむしろしないはずです。

取り込む前にも、さらにはたいて仕上げます

干したタオルを取り込むとき、乾いた状態でもう一度軽くはたいて、濡れた状態のときに飛ばしきれなかったホコリや毛羽を落としきりましょう。このときは、干すときのようにぶんぶんと振り回すのではなく、ほどよく空気を通す感じで十分です。

この工程を多くても数回行えば、タオルを使ったときに顔や手を洗い直さないといけないほどの毛羽に悩まされることはなくなるはず。同じ種類のタオルで比べたら、より早く毛羽が落ち着くでしょう。

毛羽落ちがおさまり、素敵な手ざわりが長続きし、さらに吸水性能もアップする、まさに一石三鳥のケア方法。お気に入りのタオルを快適に使い続けるヒントになれば幸いです♪