泡のハンドソープで
「簡単ついで掃除」のすすめ

こんにちは!
掃除研究家・お掃除ライターのおそうじペコです。暮らしを豊かにするお掃除の楽しさを伝える活動をしています。

泡で出るタイプのハンドソープを愛用されている方は多いのではないでしょうか。ワンプッシュで泡が出てくる手軽さや、泡の優しい手触りなど人気のアイテムです。その「泡」を上手に利用することで家事にも役立てることができます。手洗いだけではもったいない、ハンドソープの泡を使った簡単掃除術を紹介します。

1. 泡のハンドソ―プが掃除にも使える3つの理由

① 液体の洗剤と違って泡は流れることなく汚れに吸着するため、立体的な場所の汚れに湿布することができます。

② 専用に設計されたポンプボトルからつくられる泡は、きめ細やかで隅々まで成分が届き効率よく洗浄できます。また、濃度も調節されているので泡切れもよくすすぎも簡単です。

③ 一番のメリットはハンドソープ用の成分なので素手でお掃除をすることができます。日常の手洗いの延長線上の「ついで掃除」をすることができます。次に、ハンドソープを使った簡単掃除術をご紹介していきます。

2.洗面台の簡単お掃除に

Step1

ミニスポンジに泡をつけて洗面台全体を擦り洗いします。水栓やシャワー部分だけでなくトレーなど小物も一緒に洗ってしまいましょう。

Step2

洗面ボウルは皮脂や石けんカスなどの汚れがたまる場所です。泡で円を描くように擦り洗いしましょう。円を描くことで多方向から力が入り汚れを落としやすくします。仕上げはぬるま湯で洗い流します。泡なのでサッと落とすことができます。

Step3

乾いたハンドタオルなどで水気を拭けばピカピカになります。タイミングは、就寝前の歯磨きタイムにパパっとやるのがオススメです。翌朝、ピカピカした洗面所を使うことができます。

この他に、洗濯前に見つけた汚れをサッと洗うなど、ちょっとした汚れものにも使えて便利です。

3.キッチンの調理中の洗浄に

キッチンにも設置するとさらに便利です。食品を扱うキッチンには、香りのない無添加の純液体石けんがオススメです。

キッチン用の泡のハンドソープも販売されています。こちらの商品は一般的なハンドソープより濃度が薄く、調理中でも手間なくサッとすすげる成分配合になっています。

Step1

魚や肉などを触った際、汚れた手で周囲に触れると細菌も付着してしまいます。汚れていない手の甲などでプッシュすれば泡が出るので、ワンアクションで手指の洗浄をすることができます。

Step2

肉や魚を扱った調理器具はスポンジで洗う前に泡のハンドソープとキッチンペーパーやウエスで予洗いをしておくと、スポンジへの細菌の付着が防げます。
※刃物を洗う時は怪我をしないよう注意してください。

Step3

調理器具を洗った後のスポンジも泡で洗浄しておけばぬめりがとれてサッパリします。

4.キッチンの簡単おそうじに

Step1

汚れがたまりがちな洗剤トレーや、洗いカゴなども泡ならすすぎも簡単なので手軽に洗う気持ちになります。

Step2

食器洗いの最後にシンクや水栓周りも泡をたっぷりつけて擦り洗いします。汚れが酷い時は、泡を湿布して30分ほど放置してから洗うと汚れが浮き出て落ちやすくなります。

Step3

泡を付け足して、台フキンも一緒に洗ってしまいましょう。

最後はぬるま湯で全体をすすぎ、しぼった台フキンで全体の水気を拭き取ります。ピカピカのステンレスシンクになりました。清潔なシンクは翌日の家事のヤル気につながります!

5.まとめ

泡を使ったお掃除は、使用感も心地よくすすぎも簡単なので時間もかかりません。何より、素手を使って泡で洗う心地よさで自然と「小掃除」の習慣がつきやすくなります。手洗用の成分なので酷い汚れには対応できませんが、軽い汚れをためないことは結果的にお掃除の手間を減らします。是非泡のハンドソープで楽しく小掃除習慣を続けてみてくださいね。