隠れた時短アイテム!竹ざる活用のススメ!

野菜を洗ったり、水切りをしたりするとき、竹ざるを使うと便利です。竹ざるは水切れもよく、軽くて使いやすさ抜群。さらに、茹で野菜をおいしく仕上げてくれたり、盛りつけにも使える万能アイテムです。今回は、そんな竹ざるの活用法とお手入れ方法をご紹介します!

竹ざる、使っていますか?

暮らしの道具として、昔から使われ続けている竹ざる。1本1本編み込まれた竹ざるは美しくて、使い込むほどに愛着がわく調理道具のひとつですね。活用パターンは幅広く、水切りはもちろん、器としても活躍してくれます。野菜を洗うとき、以前はパンチングボールを使っていましたが、大容量で扱いやすい反面、台所で場所を取り、洗うのも大変でした。しかし、竹ざるなら軽くて取り回しも楽ちんです!

茹でて放置するだけで、野菜が抜群においしくなる!

竹ざるの特徴は、なんといっても水切れの早さ。竹自体が水分を取ってくれるので、ステンレスの金ざるよりも水切れがスピーディー。水切れは食材のおいしさともつながっているので大事なポイントです。

特に竹ざるで「おか上げ」した茹で野菜はおいしさ抜群!料理の知識がからっきしだった私は、以前はどの野菜も茹でたあと冷水につけてしまっていたのですが、ざるでそのまま冷やす「おか上げ」を覚えてからは、大好きな茹でブロッコリーの味が、格段にアップしたのを感じました。

ブロッコリー・カリフラワーなど、アクが少ない野菜や、もやし・枝豆など、水っぽくなりやすい野菜はおか上げすることで、おいしく仕上げられます。

お手入れは簡単、たわしでささっとこするだけ

竹ざるのお手入れ方法は、基本的に「たわしで水洗い」です。油揚げの油抜きをした後などは、中性洗剤で洗います。スポンジの硬い面でゴシゴシ洗うと、スポンジの繊維がざるの目にはさまってしまうので、柔らかい方で洗いましょう。

洗い上がったら水気を拭き取り、風通しのよい場所で乾かせばOKです。竹はカビやすいので、定期的に熱湯消毒すると安心です。ちなみに、私は普通に水切りカゴで乾かしていますがそれでも大丈夫。「もう乾いたの!?」と驚くぐらい乾きが早いので、本当に使いやすいですよ。

立てて収納、場所も取らずに取り出しやすい!

最後に、竹ざるの収納方法です。オススメは食器棚の引き出し部分にファイルボックスなどを使って、縦に入れる収納スタイル。平ざるなら4~5枚入れても場所を取りませんし、1発で取り出せます。多めに持っていれば料理の効率が上がること間違いなしですよ!

昔から日本で使われてきた竹ざる。使ってみると、愛用されてきた理由がわかります。天然素材なので、カビが心配になりますが、なにせ乾きやすいので、神経質にならなくても大丈夫です。すっきり収納できて、調理効率やおいしさもアップしてくれる竹ざる。ぜひ、活用してください!