「洗剤を使わない食器洗い」は
時短&節約に有効!

我が家では、よほどの汚れでない限り、洗剤を使わずに食器を洗っています。洗剤を使わないので、すすぎにかかる時間、そして食器洗いの時間は短くてすみます。水や洗剤の節約にもなるし、手荒れを防ぐメリットも。洗剤なしで、食器をきれいに洗い上げるポイントをご紹介します。

食器は重ねずに、ぼろ布やスクレーパーで汚れを拭き取る

食べ終わった後の食器は、できるだけ重ねないようにします。特に、油を使った料理の皿を重ねると、上の皿の裏に下の皿の油汚れが付いてしまい、しっかり洗わなければいけない場所を増やすことに。

食器をぬらす前に、まず、皿に残っている油分などの汚れをきれいに取り去ります。このひと手間が、他の食器やシンクに汚れが広がるのを防ぎます。

適当な大きさに切ったぼろ布で拭き取ったり、スクレーパーで集めて古新聞などで拭い取ったりして、汚れはぼろ布や新聞などと一緒にごみ箱へ。

ぼろ布は、使い古した布巾やタオル、Tシャツなど、ある程度くたっとしているものが使いやすいです。調理中に少し使っただけのペーパータオルを取っておいて使っても。スクレーパーは、白っぽいものよりも、色の濃いものの方が、カレーなどの色がついても目立ちません。

野菜や麺類のゆで汁、コメのとぎ汁を活用する

野菜や麺類をゆでたお湯やコメのとぎ汁には、天然の界面活性剤や高分子コロイド物質など、汚れを落とすのに役立つ成分が含まれています。ボウルなどに取っておいて、洗うときに食器にかけたり、短時間つけ置きをしたりするだけで、汚れがよく落ちます。

熱いゆで汁なら、さらに効果あり!もしそのまま流しに捨てていたら、ぜひ一度活用してみてください。

「水だけで汚れが落ちる」スポンジやクロスを使う

最近は「水だけで汚れが落ちる」とうたった、スポンジやクロスをよく見かけます。いろいろ使ってみた中で、特に気に入って使っているのは写真の「びわこふきん」です。

大きさが32cm×35cmのこの布巾は、日本独自の紡績方法で作られた「ガラ紡」という、木綿の糸で織られています。糸の凸凹が、油や汚れを取り込み、その汚れは布巾にたまることなく水と一緒に流れていきます。

ぼろ布やスクレーパーであらかじめ油汚れを取り去ったり、キッチンたわしなどで油汚れをざっと落としたりしてから、こちらの布巾で洗います。指先を使ってこすることができるので、四角い容器の角の汚れなど、洗い残しが出がちなところもしっかり洗えます。

脂の多い魚を焼いた後、時間がたってしまったガスコンロのグリルなど、洗剤を使って洗った方が早く終わりそうなときは、少しだけ洗剤を使うことも。もちろん、このような頑固な汚れも、セスキ炭酸ソーダや重曹を使えば「洗剤なし」で洗えますよ。