七五三の日取りの選び方とは!お参りに最適なのは「大安」だけ?

七五三のお参りは、ご家族の都合に合わせて日にちを選びます。子どもが主役となる大切なイベントなので、日取りを気にする方も多いのではないでしょうか。

今回の記事では、七五三のお参りに適した日取りの選び方についてご紹介します。

七五三の正式な日にちは?

七五三のお参りが行われるのは、一般的に10月から11月頃です。まずは七五三の正式な日にちや由来について見ていきましょう。

本来の七五三は「11月15日」

七五三の正式な日にちは11月15日です。その由来としては、

  • 江戸時代、5代将軍綱吉の長男、徳松の健康のお祈りをしたのが11月15日だったため
  • 占星術・二十八宿の「鬼宿日」にあたり、何をするにも良い吉日とされているから
  • 11月は収穫を感謝する「収穫祭」を行う月で、15日は旧暦の満月であるため

など、さまざまな説があります。
お祝いをする文化が広まったのは江戸時代といわれ、当時は武家の儀式でしたが、次第に庶民にも広がっていったそうです。

七五三は主に11月に実施される

七五三の正式な日取りは11月15日ですが、現在では11月中を目安としてお参りするのが一般的です。11月15日が平日の場合、仕事の都合がつかなかったり、祖父・祖母に来てもらうのが難しかったりするケースが多いもの。神社の混雑具合も考慮して、11月15日前後の休日や、都合のよい日を選ぶといいかもしれませんね。

七五三のお参りは、必ずしも11月中に行う必要はないため、10月や12月に実施しても大丈夫です。あえて時期をずらすことで、混雑を避けてゆっくりお参りできる場合もあります。

日取りの決め手は「六曜」

神社で手を洗う男の子

お祝いごとの際に、気にする方が多い「六曜」。ここでは、六曜とは何かについて、詳しく見ていきましょう。

六曜とは?

六曜とは、その日の運勢を表す「大安」、「仏滅」、「先勝」、「友引」、「先負」、「赤口」の6つのことです。よくカレンダーや手帳などに書かれているため、ご存じの方も多いかもしれませんね。冠婚葬祭の日取りを決めるときに、この六曜を重視する方も多いでしょう。それぞれの意味は次のようになっています。

  • 大安……「大いに安し」の意味で、何をしてもうまくいく最も吉の日。結婚式のような慶事を行うときに、多く選ばれる
  • 友引……「凶事に友を引く」という意味があり、この日の葬儀は避ける家庭が多い。慶事には「幸せのおすそ分け」の意味があるとされ、人気がある。午前11時~午後1時は凶とされるため、七五三や結婚式などはこの時間を避けて行う場合が多い
  • 先勝……午前中は吉、午後は凶。「先んずれば即ち勝つ」という意味で、急ぐことが吉とされる
  • 先負……先勝とは逆で、午前中は凶、午後は吉。「先んずれば即ち負ける」という意味で、急がず控えめにし、勝負事や急用は避けた方がよいとされる
  • 赤口……午前11時~午後1時は吉で、それ以外の時間帯は凶。赤が血や火を連想させるため縁起が悪く、お祝い事には大凶とされる
  • 仏滅……「仏も滅するような大凶日」という意味。結婚式のような慶事では敬遠されるが、葬式や法事は可とされる

七五三に最適なのは?

七五三は子どもの成長をお祝いする行事なので、六曜を気にする方もいらっしゃるでしょう。七五三に最適なのは「大安」もしくは「先勝」です。先勝は午前中が吉なので、朝のうちに着付けを済ませ、午前中にお参りをしておきましょう。

避けた方がいいのは、「仏滅」や「赤口」です。仏滅は何事にも凶ですし、赤口は正午前後の2時間以外は凶とされています。気になる方は避けた方がよいでしょう。

最適な日取りを考える

七五三の家族団らん

ご家族だけの参拝なら、仕事を休める日を選べばよいですが、祖父母や親戚といった方々も誘っている場合は、全員が集まりやすい土日や祝日を選ぶのがおすすめです。

ですが、11月15日が土日や祝日にあたると神社の混雑が予想されます。特にお参りと写真撮影を同じ日に行う予定の場合、写真スタジオが混雑して撮影に時間がかかると、一日の予定が狂ってしまうことも。

また、11月15日前後の土日が大安にあたる場合も混雑が考えられます。曜日や六曜を気にしながら、家族が集まりやすい日を考えましょう。

家族の都合を考慮して日取りを選ぶ

七五三の日取りを選ぶ際のポイントは、次の3点です。

  • 七五三は11月15日ですが11月中にお参りする人が多く、10月や12月でも構わない
  • 六曜を気にして日取りを選ぶなら「大安」か「先勝」
  • 家族が集まりやすい日を選ぶ

11月15日や、前後の土日で大安の日を選ぶと、神社が大変混み合う場合があります。六曜をあまり気にしない方も、混雑状況を把握するため、お参りの日を選ぶときは六曜を確認しておくといいかもしれません。

子どもの成長を祝う七五三なので、皆さんが気持ちよくお祝いできるように、日取りを考慮してみるとよいかもしれませんね。