子連れで新幹線!座席選びや知っておくと便利なこと

家族旅行や帰省の際に使う新幹線。小さな子どもを連れて乗る場合、他の乗客に迷惑をかけないよう座っていられるか、トイレやおむつ交換、移動など不安になることは多いでしょう。

しかし、席選びから車内の過ごし方についてポイントを知っておけば、新幹線の旅も快適になります。

子連れ時の新幹線の座席選び

新幹線の座席

指定席で快適な場所を確保

子連れで新幹線に乗る場合は、座れるかわからない自由席ではなく指定席をとるのが無難。なぜなら、前もって座席の場所を知っておくことで、移動がスムーズにできるからです。例えば、トイレに近い座席にすれば、おむつ交換や子どもの急なトイレに対応できます。

一番後ろの席では、座席の後ろにさらにスペースがあるので、キャリーケースやベビーカーを置くこともできます。とはいえ、入り口付近は人の出入りが多いので、それが気になってリラックスできない子どももいます。子どもの年齢や性格に合わせて、なるべくストレスのない席を選びましょう。

ファミリー車両を利用

東海道新幹線では、夏休み中や年末年始などの期間限定で「ファミリー車両」という子連れ専用車両が設けられます。周りの座席も子連ればかりなので、気兼ねなく乗車できます。人数プラス1席が用意されるので、荷物が多くなりがちな利用者にはとてもありがたいですよね。

ただし、年中設置されているわけではなく、事情により変更となる場合もあるので、旅行の日時が決まったら鉄道会社に問い合わせてみてください。

エレベーターが近くにある

ベビーカーやキャリーバッグなどを利用する場合は、エレベーターを利用しましょう。降車する駅のエレベーターの位置をあらかじめ調べておくと、座席を選ぶ際にも役立ちます。もちろん、駅によってはエレベーターの位置とそれに近い車両とが異なるので注意しましょう。

新幹線での授乳、おむつ替え

子連れママが気になるのは、やはり授乳やおむつ替えのことではないでしょうか。周りにたくさんのお客さんがいる新幹線の車内は、いつもとは環境が違います。子どもにとって多少なりともストレスを感じてしまう空間ですので、普段より頻繁に授乳を求めたり、おしっこの回数が増えたりすることも予想されます。トラブルやパニックにならないためにも、新幹線の設備を利用しましょう。

多目的室の利用

新幹線には多目的室という個室が必ず1室設けられています。身体の不自由な方が優先的に利用できる場所ですが、空いている場合は授乳スペースとして利用できます。ただし勝手に使うことはできないので、利用する前に乗務室か近くにいる乗務員に声をかけてください。

おむつは交換台のある洋室トイレで

新幹線の洋室タイプのお手洗いには、おむつ交換台が設けられていることが多いです。洋室タイプのお手洗いは、広めにつくられているのでおむつ交換もスムーズに行えます。 乗車してすぐに場所の確認をしておくと、いざというときにも安心ですよ。

乗る前の準備や新幹線での過ごし方

新幹線を眺める男の子

新幹線を利用する場合は、長時間乗ることがあると思います。お気に入りのおやつやおもちゃを用意しておいて、子どもの機嫌のいい時間が、できるだけ長く続くように工夫してみましょう。 すぐに取り出せるところにしまっておくことも大切です。

ぐずってしまったときはデッキにでてあやすのも効果的。新幹線ならではのメリットです。

まとめ

新幹線はうまく利用できれば、子連れでの移動におすすめの乗り物です。準備と心構えだけしっかりしておけば、不安になることはありません。なるべく快適に過ごして、旅先で思いっきり羽を伸ばしましょう!