入学祝いの相場って知ってる?学年別・関係性別に金額を紹介します

入学祝いの相場は、小学校入学や中学校、高校入学など、年齢で金額が変わってきますし、相手との関係性によっても変わります。なので、いくら贈ったら良いのか分からないという方も多いのではないでしょうか。入学祝いは、親族間で贈ることが一般的で、その範囲は甥や姪までとされていますが、お世話になっている上司のお子さんや親しい友人の子供などに贈るのはもちろん大丈夫です。そこでこの記事では、学年別・関係性別の入学祝いの相場を紹介していきます。

学年別入学祝いの相場①中学生なら3,000~10,000円前後

入学祝いは、一般的に「お祝い金」を贈ります。中学生の場合は、3,000〜10,000円前後が相場です。勉強に使える文房具や学校で使える小物、図書券などと一緒に渡しても喜ばれるでしょう。中学から制服や通学カバンの購入が必要になりますし、入学を期に本格的に部活を始める子も多いので、制服や部活の道具、ウェアなどに使う資金として考える人もいるようです。

学年別入学祝いの相場②高校生は5,000~30,000円前後と幅がある!

高校入学の歳の祝い金は、5,000〜30,000円前後と幅があります。高校入学ともなると、上が30,000円と、グンと高くなりますね。高校受験をして無事に入学できたお祝いとして、「合格おめでとう」の気持ちで贈る方が多いようです。また、贈る側も40代ぐらいになっていることが多く、20代・30代の頃より多めの額を渡せる余裕が出てきたということもあります。

学年別入学祝いの相場③大学生も5,000~30,000前後が一般的

大学入学の際のお祝いも、高校入学と同様、5,000~30,000前後が相場です。大学に進むと学費や教科書代なども高くなりますし、一人暮らしを始める子もいます。何かと物入りになるので、相場は高校入学と変わらなくても、実際は多めのお祝い金を渡す場合があります。また、英語の電子辞書やiPadなどのを付けて贈るのも喜ばれるでしょう。

関係性別入学祝いの相場①甥や姪へは5,000~10,000前後が多い傾向に

関係性別の入学祝いの相場を紹介します。叔父・叔母から甥っ子や姪っ子へは、5,000~10,000円前後の入学祝いを贈る傾向があります。小さい頃から成長する姿を見てきた甥や姪には、それなりの額のお祝いをしてあげたいですよね。進学にしたがって金額を5,000円、10,000円と上げていく方も多いですが、中には、兄弟で値段の差を付けないために、小学校入学〜大学入学まで、一貫した金額のお祝いを贈る方もいます。

関係性別入学祝いの相場②孫へは20,000~50,000前後が一般的

おじいちゃんおばあちゃんにとって、目の中に入れても痛くないほど可愛い、孫への入学祝い。小さかった孫が新入学を迎えることは、とても嬉しく、しっかりと節目節目でお祝いをしたいものですよね。孫への入学祝いの相場は叔父叔母と比べるとグンと高くなり、20,000~50,000円前後が一般的です。中学・高校・大学入学にしたがい、制服やバイク、スマートフォン、パソコンなど、必要とするものも高額になります。入学金や学費にもお金がかかるので、祖父母からの入学祝いは孫にとっても、両親にとっても本当にありがたいものです。

上司の子どもへの入学祝いは現金以外がマスト!

上司の子どもに入学祝いをあげるかどうかは、悩まれる方が多いかもしれません。普段からお世話になっている上司の子どもに入学祝いを贈る場合は、現金以外で渡すことがマナーとされています。商品券や図書券、文具券が喜ばれるでしょう。過去に自分の子どもへ入学祝いを頂いた場合、その金額の半額から同額にしておけば、マナー的には問題がありません。

入学祝いの相場を知ることは大切

入学祝には、結婚式のご祝儀のようにハッキリした相場はありませんが、マナーのない人と思われないように、大体の相場を知っておくことはとても大切です。自分の子どもが以前に入学祝いを頂いている時は、頂いた金額も参考にすると良いでしょう。甥や姪、孫を思う気持ちがあることが最も大切ですが、相場から大幅に外れないように気を付けて、適正な額のお祝いを準備してください。