入学祝いのお返しのマナーや
おすすめ商品を紹介します!

春はうれしい新入学のシーズン。節目の年には、親戚などから入学祝いをいただく機会があることでしょう。従来、入学祝いに返礼は不要とされてきましたが、「入学内祝い」としてお返しを贈る習慣が次第に広まりつつあるとか。贈り方などのマナーを知っておきましょう。

新しい習慣の「入学内祝い」

結婚や出産のお祝いに対する「内祝い」は一般的ですが、「入学内祝い」というと耳慣れない印象を受ける人もいるのでは。入学祝いに関しては特にお返しはせず、相手方のお子さんが入学時期を迎えるときには同等の贈り物をする……といった考え方が主流ではないでしょうか。

そもそも「内祝い」とは、内々の慶事があったときに、親戚・知人への報告と「お福分け」の意味を込めて贈るもので、返礼というニュアンスはありませんでした。
現代では実質的に「内祝い=お祝い返し」となっていますが、家族構成が多様化してきたこともあり、入学祝いへの内祝いが普及しつつあるのかもしれません。

入学内祝いの時期は入学式から1カ月以内がベター

入学祝いをいただく場合は、実際の入学日よりは前にお祝いが届いているケースが多いかと思います。もっとも、両親(=子どもの祖父母)が入学式に参列するなど当日に集まる場合などは、この限りではありません。

入学日以前にお祝いをいただいた場合も含め、お返しは無事に入学式を済ませてから、報告を兼ねて贈るのがスマートです。時期としてはだいたい1カ月以内、4月中を目安にするといいでしょう。
お付き合いの度合いにあわせて、入学式のときの写真やエピソードなどを添えると、先方にも喜んでいただけそうです。

気になる入学内祝いの相場とは?

結婚などの内祝いと同様、いただいた額の半返しか、やや軽めでもOKとするのが一般的かと思われます。

ただ、例えば小学校の入学祝いに祖父母がランドセルを買ってくれるとか、学習机の購入資金を出してくれるようなときは、きっちり半返しするよりも「ありがたく買っていただく」のが、心情的に親孝行になるケースも。
普段の関係性や、子ども本人との間柄などに、ぜひ丁寧に思いを巡らせてみましょう。

おすすめの入学内祝い①みんなで食べられる焼き菓子

さて、入学内祝いとして、具体的に何を贈るかもまた悩みどころですね。
入学祝いは現金を包んでいただくことも多いので、同じ現金でお返しするのはやはり避けたいもの。子どものお祝いということもあり、大人も子どももそろって楽しめる焼き菓子などは、重厚になりすぎることもなく、程よいチョイスといえるでしょう。

箱にかけるのし紙は、結び切りではなく紅白の蝶結び。表書きは単に「内祝」でもいいのですが、入学内祝いの慣習になじんでいない相手など、困惑される恐れがある場合は「入学内祝」とするのが確実です。名義は、子どもの名前を入れて贈ります。

おすすめの入学内祝い②好きなものが選べるカタログギフト

現金やギフトカードといった、金額のわかりやすいものを内祝いとして贈るのは基本NGですが、比較的高額のお返しでお菓子などでは無理がある場合は、カタログギフトが重宝します。

品物も届くタイミングも、先方の都合で自由に選んでいただけるので、どの年代の方にも喜ばれる率が高いアイテムです。お祝いを贈る側も、お返しする側も、現実的に予算を有効活用できる方法といえそうですね。

おすすめの入学内祝い③使い心地抜群の今治タオル

お菓子やカタログギフトのほか、どこのご家庭でも使うもので数があっても困らない、「タオル」のギフトもお薦めです。

中でも、品質のよさに定評がある国産の「今治ブランド」のタオルセットならネームバリューも十分。自宅用に購入するにはやや迷ってしまうようなハイクラスの商品は、贈り物でいただけるとうれしいですよね。

入学祝いのお返しで「ありがとう」の気持ちを届けよう!

もちろん、お祝いを受け取った時点でひとまずお礼状を書くか、少なくともお礼の電話は入れましょう。子ども本人から、きちんとお礼を伝えさせるのがベストです。
さらに内祝いを贈ることで、以降のお付き合いはいっそう円滑になるはず。感謝の気持ちは大切にしたいですね。