子連れでも大丈夫!飛行機の旅をスムーズにする座席選びや準備

電車や車での移動と違い、国内の長距離移動や海外旅行での飛行機移動。フライトまでの準備や移動も大変ですが、特に子連れ(赤ちゃんや幼児)で飛行機に乗るときは、子どもが静かにしていられるか、突然泣き出さないか、トイレは大丈夫か、などさまざまな心配が脳裏をよぎります。

そんな不安を払拭し、子連れでも安心して空の旅を乗り切るための座席選びの方法、搭乗前の準備や機内での過ごし方をご紹介します。

飛行機の座席選び

飛行機の座席に座る男の子

子連れで飛行機に乗るときに、悩ましいのが座席選びではないでしょうか。ここでは、どんな点に注意して座席選びをすればいいか、例をあげて見ていきます。

通路側やトイレに近い端の席

座席を予約する際、赤ちゃん(同伴者のひざ上)や幼児が座る席を外側(通路側)に確保しておけば、通路に出たいときに隣の人の邪魔にならずにさっと出られるという利点があります。子どもは、事前に済ませていてもフライト中、急にトイレに行きたいと言い出すこともあります。また、赤ちゃんを連れていればおむつ替えが必要になることもあるでしょう。

これらのことを考えると、席はトイレに近い通路側を押さえておくと安心です。また、長距離フライトのときは、赤ちゃんが泣き出したり、飽きてぐずったりするので、一度通路に出てあやしながらお散歩させてあげると気分転換になります。

通路でキャビンアテンダントが子どもの相手をしてくれたりするのもよく見かける光景です。ただ、子どもが歩けるころになると、一人で勝手に機内をうろうろして迷子になることもあるので要注意です。

窓側

窓側の席に子ども、その隣に大人が座れば、他の乗客から距離を置けます。特に、授乳中の赤ちゃんがいる場合には、窓側は死角になるのでその場で授乳することも可能です。物を散らかしたり、機内食をこぼしてしまったりしても隣の席が親であれば、他人に迷惑をかけることも少なくなっています。子どもが騒いでも遠くまで響くこともないので、窓の方を向かせて外の景色を見せ、気分転換させることもできます。

「幼児連れ」が多い席を選択

航空会社のウェブサイトにある座席表を見ると、子連れの乗客が席を予約している場合は、座席表に「幼児連れ」のマークがついています。座席を予約する際、ビジネス目的の乗客であれば、機内で静かに過ごすために、あえて子連れの乗客と離れた席を選ぶ人もいるでしょう。逆に、子連れであれば、他の子連れ家族のそばに席を取っておくのもよいかもしれません。

実際、子どもは他の子の気配を感じると、好奇心を示したり、一緒に遊ぼうと試みたりします。赤ちゃんや子ども同士でコミュニケーションを取れれば、お互い楽しい時間を過ごすことができてそれだけで間が持ちます。また、子連れの乗客同士が固まって座っていれば、多少騒いでも「お互いさま」という空気が生まれ、親同士も安心できるでしょう。

国内線では3歳未満は無料

国内線では、乳幼児は座席を利用せず同伴者のひざの上に座るのであれば、3歳未満の運賃は無料です(国際線は2歳未満)。乳児のうちは問題ありませんが、3歳に近づくごろになると体重も増え、じっとひざの上に座っているのも難しくなってくるでしょう。子どもにも親にも窮屈に感じるようになったら、3歳未満でもチケットを購入して座席を確保し、快適に過ごすことをおすすめします。

搭乗前の準備

飛行機旅行をする親子

飛行中、子どもにぐっすり寝てもらえると、周りに迷惑をかけずに静かに過ごせる上に、旅の疲れも取れて、同伴する親にとっては一番ありがたいものです。ここでは、機内でぐっすり寝てもらうために、搭乗前にしておく準備についてみていきましょう。

子どもを疲れさせる

子どもは、通常、飛行機のような珍しい乗り物に乗ると興奮してなかなか寝付けないものです。そこで、機内で子どもに寝てもらうための対策として、搭乗前に十分に身体を動かし、遊んで疲れさせるという方法があります。国際線はもちろん、国内線でも多くの空港にキッズスペースがあり、滑り台やマットなどが設置されています。

注意しておきたいのは、必ずしも搭乗ゲートに近いとは限らないことです。事前にキッズスペースと搭乗ゲートとの位置関係を確認して飛行機に乗り遅れないよう注意しつつ、時間が許す限り目いっぱい遊ばせてあげましょう。

搭乗時刻に合わせて就寝をコントロール

子どもに寝てもらうためにもうひとつ、搭乗時刻を就寝時間に合わせるという方法もあります。特に国際線は、夜行便が多く発着しているので、たとえ子どもが興奮していても、日本の真夜中の時間帯になれば、さすがに眠気には勝てません。逆に乳児の場合は、夜泣きする可能性もあるので、周りの人が熟睡している時間に迷惑をかけないか心配になります。長距離であれば仕方がないことですが、短距離なら昼間のフライトを選んでおくと安心です。

機内での過ごし方のヒント

子どもが機内で快適に過ごすためのヒントを最後にいくつか紹介します。

耳抜き(空気圧)をさせる

飛行中の気圧の変化により、耳が詰まったり、聞こえづらくなったりしますが、乳幼児の場合は、自分で唾を飲んだりしての耳抜きができないので、注意する必要があります。乳児であれば、授乳させるのが一番いい方法です。授乳させなくてもおっぱいや哺乳瓶をくわえさせるだけでもOK。幼児には、あめをなめさせたり、耳栓をしてあげたりするといいでしょう。

豊富なおもちゃで飽きさせない

長いフライト時間でも、お気に入りのおもちゃがあれば、遊んでいるうちに時間が経過していきます。機内持ち込み用にバッグを作っておいて、ひとつのおもちゃに飽きたらまた次、というように、どんどんおもちゃを出してあげましょう。航空会社によっては、乳幼児にサービスでおもちゃをくれるところもあるので、事前にチェックしておくといいでしょう。

個人用モニターやスマホを使用する

座席についている個人用モニターの利用は、フライトを乗り切るための重要なポイントです。長時間のフライトでは、たいてい個人用モニターが座席についていて、映像コンテンツは、子ども専用チャンネルが含まれています。幼児であれば、子ども向け映画やゲームを楽しむことができますし、乳児であってもアニメの映像を見ていれば、注意をそちらにそらすことができます。国内線は、モニターがない場合が多くなっていますが、イヤフォンで子ども向けの音楽を聴かせて時間を過ごす方法もあります。

加えて、スマホやタブレットといったデバイスでもアマゾンプライムやNetflixなどで、事前にコンテンツをダウンロードしておけば視聴が可能です。モニターがなくてもこれらを使用すれば、子どもも飽きないで済みますね。

下調べや準備で快適な旅に

子連れで飛行機の旅を乗り切るための、いろいろな方法や準備についてお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。ちなみに、機内に入るときは搭乗チケットの提示を求められたり、子どもを先導したりするため、バッグは背負えて両手が空くバックパックタイプのものがおすすめです。

また、飛行機の中で快適に過ごすためには、利用予定の航空会社の子ども向けサービスや口コミなどを事前に調べておくと、当日の行動がスムーズにいきますね。