訪問着は七五三に適切?母親の衣装の種類と選び方

大切なご家族のイベントである七五三。お子様の衣装選びに気を遣いすぎて、「自分が何を着るか」にまではなかなか気が回らないご両親も多いようです。ワンピースや訪問着で付き添う母親をよく見かけますが、服装としては、どのようなものが適切なのでしょうか。

今回の記事では、七五三に適した母親の服装と、その選び方についてご紹介します。

七五三に適した母親の衣装とは?

身内でおこなう行事とはいえ、何を着たら良いか迷いますよね?では、七五三の付き添いにふさわしいのは、どのようなスタイルなのでしょうか?

洋装・和装どちらでもOK

洋装・和装どちらでもOKですが、カジュアルになりすぎないように気をつけます。洋装ならスーツや、ワンピースにジャケットをはおるなど、上品で「きちんと感」のあるものを選びましょう。
和装の場合も、セミフォーマルな場にふさわしいものを選びます。

ポイントは「目立ちすぎない」こと

洋装・和装どちらを選ぶにせよ、七五三はお子様が主役の行事です。晴れ着を着たお子様より目立ってしまうような、派手な色柄のワンピースや着物は避けましょう。ご家族そろった時の、バランス感が大切です。

着物を選ぶなら「格」に注意!

訪問着のママ

お子様が着物を着る場合は、母親も合わせて着物を選んでもよいですね。その際に注意が必要になるのは、着物の「格」。
では、七五三のシーンに合うのは、どんな「格」の着物なのでしょうか。

着物の「格」とは?

着物の格は、次のようになっています。

  • 第一礼装……黒留袖、振袖など
  • 準礼装……色留袖
  • 略礼装……訪問着、付下げなど
  • 外出着……色無地、小紋、紬など
  • 普段着物……綿の着物

結婚式で新郎新婦の母親が着る黒留袖や、成人式で着る振袖は第一礼装とされ、格の高い着物です。次に格が高いのは、黒留袖のカラー版である色留袖で、準礼装とされています。以下、略礼装、外出着、普段着物の順に、カジュアルな格付けです。
冠婚葬祭や祝賀行事に着るものから、近所への外出時に着るものまで、格によってふさわしいシーンが異なります。また、同じ着物でも、家紋の有無によって格付けが変わる場合もあります。

七五三に適した着物

七五三に母親が着るものとしては、「略礼装」の着物が適しています。七五三に使われる略礼装は、次のようなものがあります。

【訪問着】
上半身や袖にも絵柄があり、華やかな場にふさわしい着物です。
結婚式のお呼ばれ、入学式・卒業式、各種パーティーなどにも活用できます。

【付下げ】
訪問着とほぼ同格の着物です。
縫い目を境に、絵柄が分かれているのが特徴。上品な袋帯や小物を合わせて、格を高めるとよいでしょう。

【色無地】
黒以外の一色で染められた、無地の着物です。
普段のおしゃれ着としても使えますが、背中に家紋(一つ紋)が入っていれば、礼装にもなります。

第一礼装にあたる黒留袖や色留袖はフォーマル過ぎ、小紋や紬などはカジュアル過ぎてしまいます。浴衣や木綿の着物はもちろんNGです。これらは選ばないようにしましょう。

訪問着の選び方

七五三の家族写真

七五三で着物を着る場合、訪問着を選ぶ方が多くなっています。ここでは、より具体的に、おすすめの訪問着とNGな訪問着をみていきましょう。

こんな訪問着がおすすめ!

七五三は慶事ですから、明るい色のものを選びましょう。お子様がはっきりした色の着物を選んだ場合は、淡いトーンがおすすめ。薄いピンク系、クリーム色、若草色、ベージュなどが、上品で大人の女性らしく見えます。

入学式や卒業式も視野に入れたものを購入するのか、お子様の着物と合わせて衣装レンタルするのもおすすめです。

こんな訪問着はNG!

紺色や濃い紫、銀鼠などの色は暗いイメージになってしまい、おすすめできません。反対に派手すぎるものも、主役であるお子様の邪魔をしてしまいます。
また、紋つきの訪問着は、七五三に着ていくには少々かしこまった印象になり過ぎるので、訪問着を選ぶなら、家紋のないものがよいでしょう。

セミフォーマルを意識した上品な服装を

和装に馴染みがない方にとっては、一人で着物を選ぶのは難しいかもしれません。「この服装で大丈夫?」と心配な場合は、ご両親や親しいご友人、写真館や呉服店に相談してみましょう。