産着は七五三でも使える?仕立て直しの方法やメリットとは!

お宮参りの際に使った産着(初着とも書きます。読み方はどちらも「うぶぎ」です)が手元にある場合、七五三の衣装としても使えるのをご存じですか?生まれて1カ月目に着た産着を七五三でも着られるなんて、感慨深いですよね。

今回は産着を仕立て直して使うメリットや、仕立て直しの方法などをご紹介します。

「産着」は七五三でも使える?

着物のよいところは、体形や成長に合わせて仕立て直せば、長い間着られる点です。もちろん産着も着物なので、子どもの体形に合わせて手直しすれば使えます。

子どもが小さいうちは産着を使ってOK

3歳、場合によっては5歳までは、仕立て直せば産着として使った着物を再び着せることも可能です。子どもにもよりますが、7歳になってしまうと身長が伸び、長さが足りなくなるケースが多くなっています。

産着を仕立て直して使うメリット

産着を七五三で使うメリットは、仕立て直し作業に多少の費用や手間はかかるものの、お参りや写真撮影の日時に融通が利く点です。レンタルを予約していると、やむを得ず日程を変更する際、着る予定だった着物が借りられなくなる場合があります。

自分で仕立て直す場合

家族で祝う七五三

ご自分で仕立て直す場合、仕立て代は0円です。ただし、仕上がりはご自分の腕次第ですので、時間に余裕をもって作業を進めましょう。少し手芸ができるくらいの方でも、ちゃんと仕立て直しができますよ。

仕立て直しの流れ

3歳の女の子、5歳の男の子が着る際にメインとなるのは、袖、肩上げ、腰上げと紐の付け替えです。
子どもに産着を羽織らせてみて、肩の部分を肩上げし、その後、紐の位置をみぞおちあたりに付け替えます。細かいやり方と注意点をご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

1:【袖を縫う】
袖を縫う前に、じゅばんに飾りとして付いている「付け袖」を外しましょう。
袖の下のほうは丸みがつくように縫い、腕を通す部分以外を縫って閉じます。丸みを左右均等につけたい場合は、はがきや厚紙などで型紙を作り、袖に当てて縫うと失敗しませんよ。

2:【肩上げをする】
肩の部分を折り込み、子どもの腕の長さに合わせて調整します。
肩上げには、「子どもが大きく成長するように」と願う気持ちも込められています。肩上げをしていない着物は「子どもがもう成長しない」という意味になってしまうため、必ず作るようにしてくださいね。

3:【腰上げをする】
腰上げとは、子どもの背の高さに合わせて着物の長さを調整することです。
ちょうど腰のあたりで肩上げ同様、折り込み部分を作ります。

4:【紐の付け替え】
結び紐を腰のあたりに付けなおして、腰紐にします。
子どもの体形に合わせた位置で取り付けましょう。

仕立て直しを依頼する場合

七五三、7歳の着物

もし自分ではできないと感じたときは、専門家に任せましょう。
では、着物を着る機会が減った今、着物の仕立て直しをしてもらうには、どこにお願いするのがよいのでしょうか。

どこにお願いする?

一番確実なのは、仕立て屋や呉服屋といった着物の専門店です。人によってはなじみの少ない場所かもしれませんが、最近は大きなデパートにも着物店がテナントとして入っています。買い物に行ったついでに、仕立て直しができるか聞いてみてはいかがでしょうか。

また、ご両親や義父母、ご親戚に裁縫が得意な方がいれば、お願いできるかどうか聞いてみるのもよいでしょう。

産着の仕立て直しを取り扱っている専門店をご紹介します。
産着を裁断しないで、お仕立て直しをしてくれるお店です。楽天市場なので、全国各地からご依頼できますね。
ふだんきものハイムラヤの仕立直しについて詳しく知りたい方はこちら

一級和裁士によるお仕立て直しのお店です。産着の他にママの成人式の着物でも対応してくれます。
着物仕立て・お直し 辻村の仕立直しについて詳しく知りたい方はこちら

依頼時のポイント

専門家でも、1日、2日で仕立て直しができるわけではありません。完成までに2~3週間ほどかかると考えて、早めに仕立て直しを依頼しましょう。費用はどこに依頼するかにもよりますが、1万円~2万円程度です。

子どもに合った七五三の祝い着を

産着を仕立て直して使用するときのポイントは、次の3点です。

  • 3歳、5歳の七五三なら、仕立て直した産着を着せられる
  • 自分で仕立て直す場合、時間に余裕をもって準備する
  • 仕立て直しが難しいときは、プロに依頼するのもアリ

産着は使う機会が少ない衣装です。七五三の晴れ着として、もう一度使えたら嬉しいものですよね。裁縫や手作りすることが好きな方は、ご自分で仕立て直しにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。