おむつを外すタイミングとは?夜のおねしょ対策のポイント

そろそろトイレトレーニングを始め、おむつを外したい……と思っているお母さんも多いのではないでしょうか。おむつ外しの難関ともいえるのが「夜」。

昼間はおむつが外れたのに、夜がなかなか外せないと悩んでいるお母さんに、おねしょ対策と注意点をご紹介します。

なぜ夜のおむつは外れづらいの?

なぜ、夜のおむつは外れづらいのでしょうか。毎日のようにおねしょをされてしまうと、布団やシーツの洗濯も大変ですよね。

トイレトレーニングができない

夜のおむつが外れづらい理由のひとつが、トイレトレーニングができないこと。昼のトイレトレーニングは、おしっこやうんちのタイミングでトイレへ誘導できますが、夜寝ている間はできませんよね。これが夜のおむつが外れづらい理由のひとつです。

子どもの身体が成長途中だから

子どもの身体が成長途中であることも、夜のおむつが外れづらい理由のひとつです。
そもそも子どもの身体は未熟な状態。膀胱の大きさが十分ではないため、おしっこを溜めておけなかったり、寝ている間におしっこを抑える抗利尿ホルモンの分泌量が少なかったりすることが原因の場合もあります。

夜のおむつを外すタイミングはいつがいいの?

おむつにまたがる男の子

では、おむつを外すタイミングはいつがいいのでしょうか。子どもの様子をしっかりと見ながら、タイミングを見極めましょう。

おむつが朝まで濡れていない日が続いたら

夜のおむつを外すタイミングとして、わかりやすい目安となるのが、朝までおむつが濡れていない日が続いたとき。
寝る前におしっこを済ませているにもかかわらず、夜中に何度もおしっこをしているようであれば、トレーニングパンツではなく、もうしばらくおむつを続けたほうがいいかもしれません。

成長に合わせて

子どもが成長してくると、朝、おむつに溜まっているおしっこの量が少ないときがあることに気づきます。
毎朝おむつの状態を確認してみてください。いつもパンパンだったおむつが、いつの間にか少量になり、いずれ全く濡れていない日が必ずやってきます。

夜のおむつを外すために注意したいこと

早く夜のおむつを外したいからといって、焦らないことも大切です。パパやママが焦ってしまうと、その焦りは子どもに伝わりストレスになってしまいます。以下の点に注意しながら、子どもの成長をじっくり見守ってあげましょう。

寝る前にトイレに行く

寝る前にトイレに行く習慣をつけるのはおねしょ対策の第一歩。寝る前のおしっこは、慣れていなければ出づらいかもしれませんが、毎日行くうちに膀胱に残ったおしっこを出せるようになります。なるべく膀胱の中を空っぽの状態にして寝かせるようにしましょう。

おねしょをしても叱らない!

子どもはおねしょをしてしまうと、少なからず悪いことをしたような気持ちになります。さらにママに叱られてしまうと、自信をなくしたり、やる気を失ってしまったりとおむつの期間が長引くことになりかねません。
手間が増えるので叱りたくなってしまうかもしれませんが、子どもは毎日頑張ろうとしています。失敗しても、その頑張りを褒めてあげることも大切です。

万が一に備えて防水シーツで寝具をカバー!

何事もチャレンジしなければ、できるようになりませんよね。とはいえ、寝具が汚れた場合に掃除して洗濯するのは大変ですよね。そんなときに役に立つのが防水シーツです。敷布団が汚れるのを防いでくれますし、家事の負担を減らしてくれます。

もし、子どもと一緒に寝ている場合は、大人用の防水シーツを用意して敷布団全体を覆ってしまいましょう!

子どもの成長を見守ろう

夜おむつが取れてパンツで寝られるようになるのは子供が成長している証拠。焦らず以下の3つのポイントに気をつけて見守りましょう!

  • 夜のおむつを外すタイミングは、身体の成長がカギ!
  • 寝る前のトイレを習慣づける!
  • おねしょをしてしまっても叱らずに、子どもの成長を見守ろう!

紙おむつにはおしっこをすると色が変わるおむつラインがあるものがほとんど。朝、おむつラインの色が変わってなかったら、カレンダーにシールを貼るなど、子どもと一緒に楽しんでおねしょ対策をおこなうことも大切です。昼間に外せたら、おむつ卒業も間近。子どもの成長を見守りながら、夜のおむつを外すことを目指しましょう!