子連れの旅行には何が必要?荷物のまとめ方や減らし方も紹介

子どもが生まれると近場への外出でも大荷物になりがち。旅行は、数日分の荷物となるため、考えただけで疲れてしまいそう。でも、せっかくの旅行なので、なるべく荷物のことは気にせず楽しみたいですよね。今回は、必需品や持っていくと便利なものをまとめた持ち物リストや、荷物問題を軽くするちょっとしたコツをご紹介します!

必需品リストを作ってみよう!

子連れ旅行に必要な赤ちゃん用グッズ
まずは、必需品リストを作ってみましょう。何が必要で、何が必要ないか、いったんここでふるいにかけてみると大荷物になるのを避けられます。子どもの月齢によっても変わるので、参考までにいくつかご紹介します。

母子手帳、保険証、乳児医療証の3点セット

赤ちゃんを連れて行くのなら、母子手帳・保険証・乳児医療証の3点セットを必ず持ち歩くようにしましょう。旅行先や道中で何かあったときに必要になります。

おむつとその関連グッズ

荷物の中でも結構かさばるのがおむつ。紙おむつを利用している場合は、圧縮袋に入れて持って行くのがおすすめです。取り出しやすいリュックや手提げには必要枚数だけを入れておき、残りはキャリーバッグや旅行かばんの中に入れておきましょう。
万が一に備えて、消臭袋も持っていくのもいいですね。BOSという消臭袋なら、臭い漏れも防ぎやすく、荷物としてもそこまでかさばらないため、おすすめですよ。

月例別の必要枚数や万が一おむつがなくなってしまった時の対処法に関してはこちらの記事でも紹介しています。

おむつは旅行のとき何枚必要になるの?持ち運び方や処理方法を解説!

おもちゃ

子どものお気に入りのおもちゃ、絵本などをいくつか持っていくと良い暇つぶしになるでしょう。公共交通機関で移動する場合は、音の出ないおもちゃを選ぶといいでしょう。

粉ミルク/哺乳瓶

粉ミルクは小分けにするか、小袋になっているものやキューブタイプにすると持ち運びに便利です。哺乳瓶は使い捨てタイプでなければ、ホテルや旅行先でも消毒できるよう水に溶ける消毒剤も準備しましょう。

簡易トイレ

車での長時間移動の場合、トイレにすぐ行けない可能性があります。おむつを卒業している場合はあると便利です。

大きめのタオル類

旅行先でエアコンが効きすぎている場合の防寒対策として使えます。汗も吸うので、持っておくと安心です。出先では授乳用のケープとしても使えるので、1枚あるといいですね。

除菌シート

すぐに手洗いができない場合や、テーブルの除菌などにも使えます。いろいろな人が使う場所では持っておくと安心です。

常備薬

酔い止めや解熱剤など、旅先での急な体調変化に対応できるよう、子どもと大人が飲めるものを用意してください。

ペットボトルストロー

ペットボトルストローがあれば、やや重さのある水筒を持ち歩く必要がなくなります。出先で飲み物が無くなっても新しいペットボトル飲料に付け替えればOK。子どもにとっても、ストローのほうが飲みやすくこぼす心配も少ないでしょう。

準備のポイント

子連れ旅行時のための荷物が詰められたスーツケース
それでは、荷物の準備をするときのまとめ方、減らし方のポイントについてご紹介しましょう。

取り出しやすいまとめ方をする

荷物をまとめるとき、一番意識してほしいのが取り出しやすさです。バッグの中で大事なものをなくさないためには、用途別で袋分けすること。大きめの袋には着替え、小さめのポーチや巾着などにはすぐ取り出したいもの、使用頻度の高いものなどいくつかのグループに分けておくとバッグの中で荷物が散らかることもありません。

宿泊施設の設備のチェックする

宿泊施設のアメニティや、子連れ客に対するサービス内容を事前にチェックしておくと荷物を減らせるでしょう。直接問い合わせして聞いてみると確実です。

事前に荷物を送る

旅行の日時に合わせて、宿泊先に荷物を送れば当日の荷物が格段に減ります。移動時のストレスが一気になくなり、より子どもへの対応や観光に気持ちを向けられるのでおすすめです。
荷物を送るときは、あらかじめ宿泊施設のスタッフに連絡してから送った方が安心です。

その他の便利グッズ

これがあってよかった!これがあると便利!という便利グッズをご紹介します。

ポリ袋/保存袋

子どもとの外出は何が起こるか分かりません。衣類が汚れたり、おやつの袋がでたりすることがあります。このようなときは、ゴミや汚れや衣類を入れられるポリ袋を何枚か持っておくと安心です。ポリ袋があれば、汚れたままの衣類で過ごすことを避けられますし、ゴミ箱が周囲にないときに一時的にゴミ袋として使えます。

また、チャック付きのポリ袋であれば、おやつを食べきれなかったときの保存袋として役立ちます。臭いも漏れず、いつでも取り出して子どもに食べさせられます。

エコバッグ

ひとつ持っておくと出先で荷物が増えたときに便利です。子どもとの移動は急に荷物が増えることもあります。コンパクトに折りたためるバッグを用意して、もしものときに取りだせるようにしましょう。

小さめのレジャーシート

小さめのレジャーシートは汎用性が高くおすすめです。
例えばベビーカーを持っていく場合、突然の雨でもかぶせれば雨よけにもなります。さらに、食事をする際に、汚したくない場所に敷くだけで安心できますよ。

大きめのスカーフ

大き目のスカーフを持っていくことで、赤ちゃんが突然ぐずった際に授乳の目隠しとしても使用できます。荷物としてもそこまでかさばりませんし、体温調節にも使用できますよ。

まとめ

子連れでの旅行は本当に大変です。荷物の準備をするのもひと苦労ですが、うまく荷物を減らして、取り出しやすいまとめ方にすれば、旅行中のストレスを軽くできます。待ちに待った旅行を快適に過ごせるよう計画的に準備を進めましょう。