おむつを替えると子どもが泣く…。ママが赤ちゃんのためにできること

今まで機嫌よく遊んでいたのに、おむつを替えようとすると急に泣き出すことはありませんか?
「何でおむつ替えになると急に泣くの?何が嫌なの?」と、おむつ交換のたびに困っているママも、多いのではないでしょうか。

そんなママたちのために、今回はおむつ替えのときに赤ちゃんが泣く原因と、その対処法について詳しくご紹介していきます。

おむつを替えるときに赤ちゃんが泣く理由は?

赤ちゃんがオムツ替えのときに泣く理由には、以下のような原因が考えられます。

おむつ替えが嫌い

寝返りをうったり、腹ばい(ずりばい)で動けるようになったりしてくると、赤ちゃんの活動範囲が広がって、さまざまな物に興味や好奇心を持ち始めます。おむつ替えは、「あれは何だろう?」「これは何?」と遊んでいる赤ちゃんの興味を妨げるので、「もう、せっかく楽しく遊んでいたのに。やめて!」と嫌がって泣くことがあります。

おむつ替えが怖い

おむつ替えで何かイヤな思いをしたことがあれば、「また同じ目に合うかも」と、その時のことを思い出して怖くなって泣いてしまうことがあります。
たとえば、「急に服を脱がされてビックリした」「お尻を強く拭かれたり、足を引っ張られたりして痛かった」などが考えられるでしょう。

おむつ替えのときに寒い

冬の隙間風や夏の冷房は、大人でも寒く感じますよね。おむつ替えをするとき、赤ちゃんはおしり丸出しの状態です。大人が服を着ていても寒いと思う状況で、赤ちゃんはおしり丸出しのうえに冷たいおしりふきで拭かれたら、寒くて泣きたくなるのも当然のことかもしれませんね。

おむつ替えの気分ではない

「もっと抱っこしてほしかったのに、おむつ替えのために床に降ろされた」「お腹が空いておっぱいが飲みたかったのに、おむつ交換をされて嫌だった……」など、望んでいることと違うことをされると、嫌がって泣くこともあります。

赤ちゃんが嫌がらないおむつ替えのためにママができること!

スムーズにおむつ替えをおこなうためには、赤ちゃんが機嫌よくしてくれるのが一番ですよね。
ここでは、赤ちゃんに笑顔になってもらう方法についてご説明します。

話しかける

急に何かされると、大人でもビックリしますよね。それは赤ちゃんも一緒です。おむつを替えるときは、「今からお尻をきれいにしようね。お洋服のボタンを外すね」と、笑顔で声をかけ安心させてあげましょう。

おむつを替えている最中は、「たくさんおしっこ出たね。えらいね」と褒めてあげ、替え終わったら、「お尻すっきりしたね。気持ちいいね」と、一緒に喜んであげるのがベストです。新生児はママのニコニコ笑顔と、優しい声にとても安心します。

歌をうたう

寝返りや腹ばいができるようになると、あっちこっちに動きたくてなかなかじっと留まってはくれません。そんなときは歌をうたって、赤ちゃんの気持ちをそらせるのも方法のひとつ。

リズムに合わせて頭を左右に動かしてみたり、表情を変えて変化をつけたりするのがポイントです。歌に引き付けられている間に、ささっとおむつを替えてしまいましょう。

部屋の環境を確認する

おむつ替えをする際は、お部屋の環境を確認しましょう。扇風機やエアコンの風が直接あたらない場所か、部屋や床の温度は適切かなど、赤ちゃんにとって快適な環境を整えるようにします。周囲の環境は、赤ちゃんの体調を管理する上でとても重要です。普段からしっかり意識してチェックしましょう。

おしりふきを温める

おしりふきのウォーマーを買う方法もありますが、家にある物でもおしりふきを温められます。冬はホットカーペットやカイロの上に置いたり、こたつの中に入れて温めたりすると、すぐに温かくなるのでとっても便利。

それ以外の季節では、タッパーなどの容器にぬるま湯を入れて、その中に使う分だけのおしりふきを入れて温めましょう。お湯に浸けることでおしりふきの水分量も増えるので、汚れを取りやすくなり、一石二鳥です!

おむつ替えをスムーズにおこなう秘訣

  • 歌って気を引いたり、話しかけながら安心させる
  • 赤ちゃんにとって快適な室温にする
  • おしりふきを温める

「もう!何で泣くの!」と、イライラする時もあるかもしれませんが、おむつを着けている期間は、あっという間に終わってしまいます。おむつ替えがスムーズにおこなえる楽しい思い出になるように、素敵な解決策を探していきたいですね!