七五三をおこなう場所はどこがいい?神社選びの決め手とは!

七五三でお参りする神社はどのように決めたらよいのでしょうか。子どもの成長を祝う七五三を思い出深いものにするためには、参拝する場所も大切なポイントになりますよね。

今回の記事では、七五三のお祝いをするときの神社選びのポイントと、おすすめの神社を関東、関西に分けてご紹介していきます。

七五三はどこの神社にお参りする?

七五三当日は、着付けをして神社にお参りするのが一般的です。では、お参りをする神社の選び方に決まりはあるのでしょうか。

基本は近所の神社でお参りする

七五三はお宮参りと同様、基本的に地域の氏神様にお参りする行事。氏神様は、その土地を守っている神様です。七五三では子どもの成長に感謝し、今後の成長と幸せを祈ります。
転居したばかりで氏神様が分からない場合は、各都道府県の神社庁ホームページで神社名や住所、電話番号などが検索できます。神主さんが常駐していない神社もあるので、事前に確認しておきましょう。

ただし、お参り先は必ず近所の神社である必要はありません。好きな神社を選んでお参りすることも可能です。

有名な神社でお参りするご家族も

七五三では氏神様に参拝するのが一般的ですが、「せっかくなら有名な神社にお参りしたい」、と考えるご家族も多いようです。由緒正しい歴史ある神社には、華やかさや厳かさ、境内の自然などの魅力があり、子どもの成長を祝う七五三のイベントにふさわしいですよね。
また、有名な神社には七五三プランが用意されているところが数多くあります。

神社を選ぶ3つの決め手とは?

神社

複数の神社が候補になったときのため、決め手となるポイントを3つご紹介します。

子どもが疲れない

七五三当日は着付けにお参り、食事会というスケジュールのご家庭が多く、慣れない着物と草履で歩き疲れてしまう子どももいます。あまり遠すぎない神社を選ぶとよいでしょう。
また、境内の歩きやすさも重要なポイントです。長い参道や砂利道は、草履で歩くのが大変です。子どもの負担を考えて神社を選んでみてください。

移動が便利

駅から距離がある神社で参拝すると、到着前に子どもが歩き疲れてしまうケースもあります。公共交通機関を利用する場合は、駅からあまり離れていないところを選んだほうがよいでしょう。
なお、車で行く場合は駐車場が十分な広さであるか、確認しておくと安心です。

七五三への対応が充実している

衣装のレンタルや着付け、ヘアメイクなど七五三のサービスが充実している神社もあります。特別プランが用意されている神社なら、まとめて楽になりますよね。神社で着付けができれば、お参り前に着崩れする心配もありません。
さらに、お土産が豪華な神社もあるので、ママ友の情報や口コミなども参考にしてはいかがでしょうか。

お参りにおすすめな神社を紹介

七五三で喜ぶ男の子

七五三のお参りにおすすめの神社を、関東と関西からそれぞれ2社ずつご紹介します。

関東の神社

有名な神社で七五三をお祝いしたいのであれば、東京の明治神宮はいかがでしょうか。明治神宮には御祈願とレンタル衣装、着付け代がセットになった「七五三詣プラン」が用意されています。境内が広いので、神宮会館で着付けをしてもらえるプランを利用すれば、お子様も疲れず着崩れの心配もありません。
明治記念館でのスタジオ写真撮影もオプションで用意されていますので、ご家族の記念となる写真を残すことができます。

同じく東京の日枝神社には「七五三(なごみ)プラン」があり、貸衣装、着付け、ヘアセット、写真撮影、御祈願、お食事がセットになっています。1ヵ所ですべて済ませられるのは、とても便利といえるでしょう。
さらに、日枝神社はご祈祷のお土産として、女の子には巫女さん姿のリカちゃん人形、男の子にはウルトラマンの人形が授与されます。子どもの喜ぶお土産が用意されているので、親子で満足度の高い七五三になるでしょう。

関西の神社

京都の北野天満宮は、学問の神様である菅原道真公が祀られているので、七五三のお参りに人気が高い神社です。近隣の提携先で衣装のレンタルや着付け、写真撮影や食事ができるプランも用意されています。お子様のさらなる成長を願って、参拝されてみてはいかがでしょうか。

大阪の住吉大社は、全国2,300社あまりある住吉神社の総本社で、七五三の時期には多くの人が参拝に訪れます。住吉大社では神職によるご祈祷のあと、巫女さんの神楽舞が奉納されます。ご祈祷後のお土産が豪華で、お守りや文具などのほかに、例年ベビー子ども服のファミリアのグッズが入っているそうです。
住吉大社は吉祥殿で衣装のレンタルや着付け、有料の記念撮影をしてもらえます。境内には無料の撮影スポットがいくつも用意されていますので、前撮りだけでなくお参りの日の写真もたくさん残しておきたい方におすすめです。

利便性を考えつつ好きな神社を選ぼう

七五三の神社選びは、近所でも有名な神社でも問題ありません。ただし、子どもの負担を考えると、アクセスの悪い神社は避けたほうが無難かもしれません。着物のレンタルや着付けなど、七五三パックは事前の予約が必要です。上手に利用すれば親子とも負担が減って、ゆっくりと楽しめるのでオススメです。