【保育園入園】おむつには記名を忘れずに!名前スタンプを活用しよう

おむつの記名には名前スタンプが便利だと聞きますが、「選ぶポイントって何?」「どれが適しているの?」と、スタンプ選びに悩んでいるママも多いのではないでしょうか。
そんなママたちのお悩みを解決するため、今回はおむつに記名する名前スタンプの選び方について、詳しくご紹介します。

なぜおむつに記名するの?

「保育園で名前を書くように言われたけど、ちょっとめんどくさいな……」と思っている方もいるでしょう。ここでは、おむつに記名する理由について解説します。

誰のおむつかわかるようにするため

おむつに名前が書かれていないと、誰のものかわからなくなってしまい、間違えて他の子のおむつを使ってしまうかもしれません。特定のおむつにかぶれてしまう子にとっては、持参したおむつ以外の使用は危険です。そうならないためにも、必ず記名しましょう。

持ち帰る時に混ざらないようにするため

保育園にもよりますが、使用済みのおむつは持ち帰って処分するのが基本です。おむつに記名がないと、他の子のおむつを持ち帰ってしまう可能性もあります。そうならないためにも、おむつに名前を書くようにしてください。

名前を書く時の注意点

名前を書く際には、注意しなければならない点がいくつかあります。以下の注意点を確認してみてくださいね。

丸めても見える位置に

おむつは使用後に、背面に付いているテープで小さく丸めてから処理します。そのため名前を書く位置は、おむつを丸めたときにもしっかり見える背面のテープの真下がベストです。

ただしパンツタイプのおむつは、背面がビニールになっているものがあります。このようなタイプを使うときは、消えにくい油性のマジックペンで手書きをしなければならないので注意してください。

フルネームかは保育園に確認を!

保育園によってはフルネームを記名しなくてもOKなようですが、苗字が一緒の子がクラスにいる場合は、フルネームのほうがいいですね。先生に確認しておくといいでしょう。

名前スタンプを使って時短!

月齢が浅くておむつの必要枚数が多い場合や、兄弟が一緒に通っている場合は、手書きで何枚も書くのはとても大変。そんなときに役立つアイテムが、名前スタンプです!

名前スタンプを使うメリット

名前スタンプは、基本的に普通のハンコと同じなのでとっても簡単。紙おむつへの記名はあっという間に終わります。少しでも時間を節約して、赤ちゃんと触れ合う時間をつくりましょう!

名前スタンプの選び方

単品orセット

名前スタンプは、1サイズだけの単品と、大小さまざまなサイズのスタンプがセットになっているタイプの2種類があります。使用目的がおむつだけと決まっている方は単品を、おむつ以外にも鉛筆やノートなどいろいろなものに使用したい方にはセットの購入がオススメです。

名前表記とフォント

スタンプの表記は「ひらがな」・「カタカナ」・「漢字」・「ローマ字」と、メーカーによってさまざまです。
フォントもいろいろな種類があり、中には「手書き風」もあります。お子様の年齢や園の指定に合わせて適したものを選びましょう。

納期

名前スタンプの大半はオーダー式なので、注文してから手元に届くまでに時間がかかります。どうしても今すぐ必要な場合は、自分でカスタマイズするタイプはいかがでしょうか。
カスタマイズ可能なタイプは必要な文字をゴムシートから切り離し、スタンプ台にはめこんで使います。赤ちゃん用品を販売している量販店などで、時間があるときに購入しておくといいかもしれませんね。

インクの購入方法

「使おうと思ったらインク切れだった……」インクがすぐに購入できるタイプのものならいいのですが、取り寄せしなければならなかったり、遠くまで買いに行かなければならなかったりすることも。
まさかの事態に備えて、インクはすぐに手に入るものが便利です。スタンプ選びのときは、インクにも気を配るといいでしょう。

インクの用途

インクの種類によっては、ノートなどの紙や、洋服やカバンなどの布、鉛筆などの木にも使用できるタイプがあります。おむつ以外にもスタンプしたい方は、インクの用途にも注意して選びましょう。

入園準備にむけて

  • おむつには必ず記名する
  • 記名はおむつを丸めても見えるように、背面テープの真下がベスト
  • 名前スタンプを選ぶポイントは「使用用途」「予算」「納期」「インクの種類」の4つ!

以上の3点に気をつけて、おむつにはしっかりと名前を書きましょう。

名前スタンプを買うときは使用目的や予算などを考えて、最適のスタンプを選んでくださいね。
手書きの場合も、一目で誰のものかがわかるように書き、入園に備えましょう。