保育園に入園するのに哺乳瓶を嫌がる!拒否する理由と対処法

保育園の入園を控えているのに、哺乳瓶でミルクを飲んでくれないと頭を抱えるママも多いのではないでしょうか。赤ちゃんがミルクを拒否する理由はいくつかあります。その理由を把握して、徐々に慣れていく方法を見つけていきましょう。

今回は、赤ちゃんが哺乳瓶でミルクを飲んでくれないときの理由と対処法、保育園での対応も含めて、詳しくご説明します。

赤ちゃんが哺乳瓶を嫌がる理由

バンダナと哺乳瓶

赤ちゃんが哺乳瓶を嫌がる理由は1つではありません。どんな理由が考えられるのかを見ていきましょう。

哺乳瓶の乳首が嫌い

哺乳瓶の乳首は、ママのおっぱいとは感触や吸ったときのミルクの出方が違います。感触が嫌な場合は、口に触れた瞬間に嫌がります。ミルクの出方が嫌な場合には、一瞬吸ってみますが「やっぱり違う」と拒否する場合も。哺乳瓶は少し吸っただけで簡単に出てしまうので、おっぱいの出方に近い哺乳瓶に替えることで飲んでくれる可能性もあります。

ミルクの味が嫌い

ミルクの味に慣れていない赤ちゃんは母乳と異なる味を嫌がり、ミルクを口に入れたとしても吐き出してしまうことがあります。

飲む体勢がイヤ

母乳を飲み慣れている赤ちゃんは、母乳のときとは違った体勢を嫌がり飲まない場合もあります。
哺乳瓶でのミルクの飲ませ方は口に対して垂直に飲ませるのが基本です。母乳に慣れている場合には、いつもおっぱいをくわえている角度を意識してあげると飲んでくれることもあります。

温度による問題も…

赤ちゃんはミルクの温度にも敏感です。人肌で作ることが基本ですが、ぬるめが好き、ちょっと温かめが好きという赤ちゃんもいます。やけどをしない温度の確認は必ず行いながら、微妙な差を意識してみることも一つの方法です。

赤ちゃんに哺乳瓶で飲んでもらおう!

赤ちゃんにミルクをあげるパパ

赤ちゃんがミルク拒否をする理由は1つではなく、複数の理由が重なっていることもあります。色々な方法を諦めずに試してみましょう。

パパに変わってみる

ママが哺乳瓶で飲ませようとしても「おっぱいがあるのになんで?」と赤ちゃんは飲もうとはしてくれません。そんなときにはパパの出番です。ママの姿がないと諦めて飲んでくれる可能性が高まります。味や哺乳瓶にも慣れてきて再度ママが挑戦、でもママだとやはり飲んでくれないという場合には、保育園での授乳に備えて、おばあちゃんなど複数の大人に飲ませてもらえるといいですね。

哺乳瓶に母乳を入れる

ミルクの味が嫌いな赤ちゃんの場合に効果的なのが、母乳を搾乳して哺乳瓶に入れて飲ませることです。飲みなれた母乳の味だと飲んでくれるというケースもあります。哺乳瓶で飲むことに慣れてきたら、再度ミルクにも挑戦してみましょう。

空腹・のどが渇いているときを狙う

ミルクに挑戦する狙い目は、お腹が空いているときやのどが渇いているときです。おすすめはお風呂後。パパに挑戦してもらいましょう。「喉が渇いているのにママから母乳をもらえないならしょうがない!」と赤ちゃんが飲んでくれた瞬間が、哺乳瓶に慣れる第一歩です。

保育園では受け入れてくれるの?

色々な方法を試しても飲んでくれないとなると、保育園での受け入れが一番の不安材料ですよね。ミルク拒否の状態で保育園入園を迎えるときの注意点を見ていきましょう。

きちんと説明しておく

入園前面接などで練習をお願いされますが、哺乳瓶で飲めなくても入園を拒否されることはありません。どうしても飲めなかったことを伝えると、保育士さんはプロとして相談に乗ってくれます。入園後に自宅で気を付けるべきことなど、事前に詳しく聞いておきましょう。入園後に、ママが近くにいないと哺乳瓶で飲んでくれるようになる赤ちゃんもたくさんいます。

冷凍母乳という選択肢も!

冷凍母乳はミルクの味が苦手という赤ちゃんにとって効果的な方法ですし、職場復帰をしても母乳育児を続けたいというママにとっても強い味方です。搾乳の大変さはありますが、希望する場合には、保育園に確認してみましょう。

哺乳瓶を嫌がる理由は母乳との違い、飲まないときには保育園に相談を!

  • ミルクを嫌がる3大理由は、「乳首・味・体勢」
  • 練習は赤ちゃんが欲しているタイミングでパパにお願いする
  • ミルク拒否でも入園は可能、保育園に相談を!

赤ちゃんがミルクを嫌がる理由は、さまざまな面での母乳との違いです。まずは乳首や味、体勢や温度の工夫をしてみましょう。周りの人の協力も得ながら、赤ちゃんの欲するタイミングで練習を続けてみてください。それでも飲まないという場合には保育園に相談するといいでしょう。保育士さんはプロですので適切な対応をしてくれますよ。